[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エースがPKを外すということ 清水桜が丘が敗退を笑顔で受け入れられた理由

「今度は自分たちが『大丈夫だよ』迎え入れる番」

「外したのが海斗だったから。怪我で苦しい時間を過ごしていたのはみんなわかっていたし、今までずっと誰よりも練習して努力する姿を、みんな見てきた。みんな、海斗を尊敬している。だから、あいつが外してしまうなら、それはもう仕方のないこと。全員が一番素直に受け止められる終わり方だったと思います」

 この日同点弾を決めたMF松下祐也(3年)は、PK戦による敗退を清々しい表情でそう振り返った。「悔しいのは悔しい。けど、そんな感情より海斗に対して『ありがとう』の気持ちの方がずっと強いから」。そう語った松下は、自身の失敗を引き合いに出した。

「僕も実は今年のインターハイ予選でPKを外してしまい、負けてしまったんです。その時、海斗は僕を笑顔で迎え入れてくれて、『PKなんて外しても大丈夫だ』と言ってくれた。本当に頼れる存在。だから、今度は自分たちがそんなキャプテンを『大丈夫だよ』迎え入れる番です」

 白井本人は試合後、「怪我で後半からしか出られず、それでPKも外してしまって……、チームに貢献できなかった」と肩を落としていたが、これまで多くの代表選手を育て上げてきた大滝雅良監督も「エースが怪我をして、エースがPKを外した。ということは、これが我々のベストゲームだったということ」と話し、主将としてチームを率いた白井に絶大な信頼感を示した。

 白井がいたからここまで来ることができた――。それは応援席だけの声ではない。チームメート、監督も同じように抱いている想いだった。だからこそ、PKを外した失意のエースを、彼らは笑顔で迎え入れたのだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集