[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • エースがPKを外すということ 清水桜が丘が敗退を笑顔で受け入れられた理由

エースがPKを外すということ 清水桜が丘が敗退を笑顔で受け入れられた理由

「お前がいたから、ここまで来れたんだぞーーー!!」

清水桜が丘FW白井海斗【写真:編集部】
清水桜が丘FW白井海斗【写真:編集部】

清水桜が丘が1回戦敗退、PK戦の末に高川学園に競り負ける

「お前がいたから、ここまで来れたんだぞーーー!!」

 試合後、応援席から大きな声が響き渡った。それは、敗退で失意に沈むエースに投げかけられた言葉だった。

 第96回全国高校サッカー選手権大会は31日、各地で1回戦が行われ、フクダ電子アリーナで開催された第1試合で清水桜が丘(静岡)と高川学園(山口)が対戦。清水桜が丘は1-1で迎えたPK戦の末、3-5で競り負けた。

 清水桜が丘は2013年、選手権3度の優勝を誇る名門・清水商と庵原が再編、統合されて設立。清水商はかつて元日本代表MF名波浩(現ジュビロ磐田監督)や同DF大岩剛(現鹿島アントラーズ監督)、同MF藤田俊哉(現VVVフェンロコーチ)ら日本サッカー界を象徴するレジェンドを多数輩出している名門だ。

 今大会は開校後初の本大会出場となったが、天才MF小野伸二(現コンサドーレ札幌)が着用していたエースナンバー「8」を背負う主将FW白井海斗(3年)が大会直前に左肘を負傷。最後の2、3週間はリカバリーに時間を注いだこともあり、万全の状態で迎えることは叶わなかった。

 それでも0-0の後半8分、相手を攻めあぐねている状況が続く中、ベンチスタートとなっていた白井に声がかかった。タッチライン際に立った際、大きく深呼吸すると、交代選手と抱擁を交わし、勢いよくピッチに駆け出していった。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー