[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワリエワのミス連発、五輪女王がTV解説中に涙の訴え「最悪のことが起きてしまった…」

北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は4位(順位は暫定扱い)に終わった。金メダル大本命と見られていたが、ジャンプで転倒やバランスを崩す場面が続出。ドーピング騒動の中で出場し、世界的に物議を呼んでいた。五輪連覇経験のある女王は涙を流して同情している。

フィギュア女子フリー、暫定4位に終わったカミラ・ワリエワ【写真:AP】
フィギュア女子フリー、暫定4位に終わったカミラ・ワリエワ【写真:AP】

北京五輪フィギュアスケート女子シングル

 北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は4位(順位は暫定扱い)に終わった。金メダル大本命と見られていたが、ジャンプで転倒やバランスを崩す場面が続出。ドーピング騒動の中で出場し、世界的に物議を呼んでいた。五輪連覇経験のある女王は涙を流して同情している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 最終滑走者だったワリエワはジャンプでミスが続いた。精彩を欠いた演技後は両手で顔を覆い、悔しそうな表情に。キス・アンド・クライでメダルを逃したことが分かると、涙した。世界的に議論が巻き起こり、異様な雰囲気で迎えたフリー。精神的に不安定となる状況に、海外から15歳に同情の声が上がっていたが、ドイツの元五輪女王は涙を流している。

 ドイツ公共放送「ARD」の五輪中継に解説者として出演した1984年サラエボ五輪、88年カルガリー五輪女子金メダルのカタリナ・ヴィット氏(ドイツ)。中継中に言葉を詰まらせながら、カメラに背中を向けて涙を流した。ドイツ公共ラジオ「ドイチュラント・フンク」スポーツ専門ツイッターが公開した動画内で涙ながらにこう語っている。

「彼女は完璧に滑ったとしても、五輪で優勝したとしても、この一連の戦いに勝つことはできなかった。最悪のことが起きてしまった。彼女は15歳の子どもなのよ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集