[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高木美帆、銀メダル選手の母国オランダ紙も脱帽「アンタッチャブルなタカギに敗北」

北京五輪は17日、スピードスケート女子1000メートル決勝が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの27歳・高木美帆(日体大職)は1分13秒19の五輪レコードで金メダルを獲得した。異例の長短5種目7レースに出場し、今大会4個目のメダル獲得。個人種目初の金メダルに輝いた。銀メダルとなったオランダ選手の母国メディアも脱帽している。

五輪レコードで金メダルを獲得した高木美帆【写真:Getty Images】
五輪レコードで金メダルを獲得した高木美帆【写真:Getty Images】

0秒64差でレールダムが銀メダル、スケート大国オランダメディアも称賛

 北京五輪は17日、スピードスケート女子1000メートル決勝が行われ、2018年平昌五輪銅メダルの27歳・高木美帆(日体大職)は1分13秒19の五輪レコードで金メダルを獲得した。異例の長短5種目7レースに出場し、今大会4個目のメダル獲得。個人種目初の金メダルに輝いた。銀メダルとなったオランダ選手の母国メディアも脱帽している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 0秒64差で2位になったのは、スピードスケートのユッタ・レールダム。母国のスケート大国オランダメディアも高木の滑りに脱帽した。オランダ紙「アルフメーン・ダッハブラット」は「リールダムはアンタッチャブルなミホ・タカギに敗れ、1000メートルで銀メダル」と報じた。

 記事では「リールダムは1000メートルで金メダル候補だったが、北京では銀メダルに終わった。五輪のタイトルは最強だった日本のミホ・タカギが奪った」とお手上げ。「タカギは1000メートルの勝利でこれまでに手にした3枚の銀メダルと合わせて非常に素晴らしい五輪を過ごしている」と今大会の躍動ぶりも称えた。

 また、オランダ紙「テレグラフ」も「すべてを解放したタカギが金、リールダムは銀」と報道。「戦前からタカギは金メダルの有力候補だったが、実際のレースでも素晴らしいタイムを出した。1分13秒19でオリンピックレコードを更新し、競争相手たちを粉砕した」と称賛した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集