[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ワカバより9点も上なんて馬鹿げてるわ」 15歳ワリエワの採点に五輪メダリストが不満

北京五輪は15日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、樋口新葉(明大/ノエビア)が五輪史上女子5人目となる3回転アクセルを成功させた。得点は73.51点で5位発進。15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は82.16点が首位に立った。この採点に対し、ソチ五輪団体銅メダリストのアシュリー・ワグナー(米国)は「馬鹿げているとしか言えないし、全く面白くもない冗談」と不満を明かしている。

フィギュア女子SP、3回転アクセルを決めるなど73.51点で5位発進した樋口新葉【写真:Getty Images】
フィギュア女子SP、3回転アクセルを決めるなど73.51点で5位発進した樋口新葉【写真:Getty Images】

樋口新葉73.51点、ワリエワ82.16点にワグナー「全く面白くもない冗談よ」

 北京五輪は15日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、樋口新葉(明大/ノエビア)が五輪史上女子5人目となる3回転アクセルを成功させた。得点は73.51点で5位発進。15歳カミラ・ワリエワ(ROC)は82.16点が首位に立った。この採点に対し、ソチ五輪団体銅メダリストのアシュリー・ワグナー(米国)は「馬鹿げているとしか言えないし、全く面白くもない冗談」と不満を明かしている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 冒頭で3回転アクセルを決めた樋口。3本のジャンプいずれもミスがないように見えたが、連続ジャンプで回転不足を取られ、得点は73.51点にとどまり、5位発進となった。その後に登場したワリエワは、3回転アクセルがステップアウトになったものの、以降は演技後半に高難度の連続ジャンプを披露するなど、さすがの内容。82.16点の1位でフリーを迎えることになった。

 これに反応したのが、ワグナーだった。ワリエワの演技直後に「どうしてこのプログラムがワカバより9点も上になるのか、馬鹿げているとしか言えないし、全く面白くもない冗談よ」とツイッターに投稿。熱烈な“新葉通”で知られる名スケーターで、樋口が3回転アクセルを決めた演技直後には「これぞ、私のワカバよ!!!」を熱烈に興奮していた。ワリエワの出場裁定に非難も表明しており、不満が噴出したようだ。

 樋口にとってすれば、五輪メダリストも認める演技だったことの裏返し。3位の坂本花織とともにROC勢の牙城を崩し、メダルを狙える立場にいることも事実だ。17日のフリーで最高の演技を披露する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集