[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「代表は父のコネ」涙した中国フィギュア女子 北京五輪でも起きた“SNSの誹謗中傷”

4日に開幕した北京五輪も折り返しを迎えた。多くの金メダリストが生まれ、感動を与えた一方で、競技外でクローズアップされた話題も多かった。東京五輪に続き、課題となったのは「アスリートへの誹謗中傷」だ。

女子フリー演技後に涙を浮かべる中国のジュ・イー【写真:AP】
女子フリー演技後に涙を浮かべる中国のジュ・イー【写真:AP】

北京五輪も折り返し、競技外でクローズアップされた課題

 4日に開幕した北京五輪も折り返しを迎えた。多くの金メダリストが生まれ、感動を与えた一方で、競技外でクローズアップされた話題も多かった。東京五輪に続き、課題となったのは「アスリートへの誹謗中傷」だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 その象徴となったのが、フィギュアスケート女子の中国選手、ジュ・イー(朱易)だ。団体戦女子ショートプログラムに出場したが、転倒が響いて10人中最下位。米国生まれで18年に中国籍を取得、中国語があまり上手ではないことも相まり、中国国内の誹謗中傷の的になった。その後のフリーも転倒が相次ぎ、演技後は涙ながらに客席に頭を下げた。心ない声はやまず、多くのSNSアカウントに停止措置が取られたという。

「代表は(権威ある科学者の)父のコネ」など根拠のない噂まで出回り、中国国内でも、それを諫める声が上がった。中国メディア「観察者網」は、地元紙「環球時報」の元編集長・胡錫進氏のコラムを掲載。「決してあってはならぬ 転倒した女子フィギュア朱易に対するネットの暴力」と題し、SP後に訴えた。「唯一の女子シングル出場権を『コネ』で得たなどいう推測は実にばかばかしい」と斬り捨てた。

 東京五輪でもSNSの中傷とアスリートのメンタルヘルスが問題になった。体操のリオ五輪女王シモーン・バイルズ(米国)は連覇がかかった個人総合決勝を棄権。精神的ストレスを理由に挙げた。日本では誹謗中傷を受けたアスリートがSNSで声を上げ、社会問題に。今大会前にはスポーツ庁の室伏広治長官が国民に対し、SNSの運用に注意を呼びかける異例もメッセージも同庁サイトで発信していた。

 しかし、今回も起きてしまった「アスリートへの誹謗中傷」。室伏長官のメッセージには「アスリートも一人の人間」とある。北京五輪も後半戦に突入。懸命な努力の末にオリンピックという舞台に立ったアスリートへのリスペクトが求められる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集