[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨の「控えめポーズにキュン」 やってくれた自己新の瞬間に感涙「泣けて来た」

北京五輪は4日、フィギュアスケートの団体戦・男子ショートプログラム(SP)が行われ、日本代表は宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストを更新する105.46点で2位だった。フィニッシュ直後に軽めのガッツポーズ。重圧を背負いながら演技を終えた瞬間の姿に「ショーマの控えめガッツポーズがキュン」とファンは歓喜している。

フィギュアスケートの団体戦、男子SPで2位に入った宇野昌磨【写真:AP】
フィギュアスケートの団体戦、男子SPで2位に入った宇野昌磨【写真:AP】

北京五輪フィギュアスケート団体、宇野昌磨に反響「ハニカミながらガッツポーズ!!」

 北京五輪は4日、フィギュアスケートの団体戦・男子ショートプログラム(SP)が行われ、日本代表は宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストを更新する105.46点で2位だった。フィニッシュ直後に軽めのガッツポーズ。重圧を背負いながら演技を終えた瞬間の姿に「ショーマの控えめガッツポーズがキュン」とファンは歓喜している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 宇野がやってくれた。4回転―3回転の連続トウループ、3回転アクセルなどジャンプを全て決めてフィニッシュ。直後は肩の辺りで右手でガッツポーズを作った。105.46点はSP自己ベスト。世界王者ネイサン・チェン(米国)に次ぐ2位だ。

 演技後は「迷惑をかけたくないという思いはあった」と心境を吐露。ガッツポーズが飛び出した宇野に対し、ネット上のファンから「ショーマの控えめガッツポーズがキュン」「謙虚で控えめにガッツポーズして喜ぶようなところも素敵だよね」「控え目なガッツポーズイイね 泣けて来たよ」「表情に泣けてしまう」「ハニカミながらのガッツポーズ!!」と感涙した様子の声も上っている。

 宇野は平昌五輪男子シングル銀メダルの実力を発揮。大会前はコーチのステファン・ランビエール氏が新型コロナウイルス陽性で現地入りできなかったが、日本チームを盛り上げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集