[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、150cmの身長に隠された凄み プロでも「なかなかできない」瞬間的技術とは

「THE ANSWER」が各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)は「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務め、ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

今季2勝目を挙げた西村優菜、北田瑠衣さんも感じた“凄み”とは【写真:Getty Images】
今季2勝目を挙げた西村優菜、北田瑠衣さんも感じた“凄み”とは【写真:Getty Images】

「THE ANSWER スペシャリスト論」女子プロゴルファー・北田瑠衣

「THE ANSWER」が各スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、第一線を知る立場だからこその視点で様々なスポーツ界の話題を語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。女子ゴルフでツアー通算6勝を挙げた北田瑠衣(フリー)は「THE ANSWER」スペシャリストの一人を務め、ゴルフ界のトレンドやツアーの評論、自身の経験談まで定期連載で発信する。

 今回のテーマは「新星からベテランまで活躍する2022年 北田瑠衣が前半戦で“凄い”と思った瞬間」。北田が見て感じた若手選手の技術力とマネジメント力、加えて一部のベテラン勢が成績の残せている理由などを語ってもらった。(文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

 ◇ ◇ ◇

 女子ゴルフの国内ツアーは、前週のニッポンハムレディスで前半戦の19試合を終了した。優勝者は西郷真央(5勝)、山下美夢有(2勝)、西村優菜(2勝)、サイ・ペイイン、堀琴音、上田桃子、植竹希望、高橋彩華、渡邉彩香、小祝さくら、稲見萌寧、木村彩子、青木瀬令奈の計13人。うち7人は、1998年度生まれ「黄金世代」以下の若手選手だ。

 中でも、2001年度生まれ「新世紀世代」の西郷、山下の活躍ぶりは目を見張るが、北田は6月のニチレイレディスとニッポンハムレディスと制した身長150cmの西村に、“凄み”を感じているという。

「私はニチレイレディスでラウンドリポートを担当しましたが、グリーンは砲台で小さめでした。飛距離の出ない選手には難しいセッティングでしたが、西村さんは全身を使ってボールを止めていました。気持ちが乗っていたのもあると思いますが、インパクト、フォロー、フィニッシュにかけて体を少し後ろに引く動きで、長いクラブでもボールを高く上げ、スピンをかけていたのです。普段とは微妙に違うコースにアジャストしたスイングです。これは、なかなかできることではありません」

 同大会の西村は3日間、ボギーなしでラウンドした。最終日は同じく首位タイで出た森田遥にリードを許すも、15番パー4で逆転。森田のボギー以上が確定した状況で、難しい下りのバーディーパットを決めた。ニッポンハムレディスでも、15番パー4で並んでいた野澤真央のボギー以上が確定した直後、長いスライスラインのバーディーパットを決めている。

「勝負どころのチャンスを逃さない集中力と、優勝を争う相手にダメージを与える駆け引きのうまさを感じました。彼女はアプローチ、パットが巧みですし、『もっと勝つ選手』と確信しました」

1 2 3

北田 瑠衣

THE ANSWERスペシャリスト プロゴルファー

1981年12月25日生まれ。福岡市出身。10歳でゴルフを始め、沖学園高(福岡)時代にナショナルチーム入り。02年のプロテストで一発合格し、03年プロデビュー。04年はニチレイカップワールドレディスでツアー初優勝し、年間3勝で賞金ランク3位。05年、宮里藍とペアを組んだ第1回女子W杯(南アフリカ)で初代女王に。06年から10年連続でシード権を保持した。男女ツアーで活躍する佐藤賢和キャディーと17年に結婚し、2児のママとして子育てに奮闘中。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集