[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、150cmの身長に隠された凄み プロでも「なかなかできない」瞬間的技術とは

30代選手の活躍…要因は「体の強さ、飛距離、謙虚さ」

 レベルアップしたツアーで、今季は30代選手の頑張りも目立つ。サイ、上田が早々と勝利し、有村智恵、藤田さいき、金田久美子が上位争いを演じている。11年ぶりの優勝を目指す藤田は、アプローチイップスを克服した経緯もあり、今でもアプローチが得意な年下選手にアドバイスを求めている。北田もそんな姿をうれしく感じている。

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

「みんな、すごいですよ。まずはモチベーションを維持し、何よりゴルフを楽しんでいる感じが伝わってきます。昨季はコロナ禍で無観客試合が多かったのですが、今季から有観客試合になり、パフォーマンスを見てもらえる。ベテランほど、そこのありがたみを感じている印象です」

 その上で、北田は彼女たちが活躍を継続できている要因は、「体の強さにある」と分析している。

「全員が持って生まれたバネ、強さがある選手です。だからこそ、30代になっても大きな故障をせず、若い頃からの飛距離を維持できています。これはトレーニングを多く積めばできるものではないので、どうしても人数は限られてきます。そして、残った選手たちは若手からも学ぶ謙虚さも持ち合わせています。選手は皆、『自分が一番』という思いを持っているものですが、ベテランも若手も学び合える雰囲気のツアーになってきたことをうれしく思います」

 体の強さで言えば、小祝さくらが評判だ。今季のリゾート トラストレディスまで、ツアー歴代4位の142試合連続出場。翌週の全米女子オープン出場で記録はストップしたが、日米を合わせると前週まで148試合連続。「休まない理由」については、「試合で課題を見つけて、試合で調整していく方が合っているので」と話している。154試合連続出場(ツアー歴代2位)の記録を持つ北田は、この考え方に共感する。

「私の場合は試合が好きだったこともありますが、休むことに不安がありました。休んで『あの時に出ていれば、もっと上に行けたのに』と思うことが嫌でした。小祝さんに関しては、さらに前進するための決断ですが、それでいいと思います。調子が悪くなると、『休みを入れた方がいい』という声も聞こえるでしょうが、自分のリズムがあるわけですから。稲見萌寧さんも、月曜も休まずに練習をしていると聞いています。これもリズムだと思います。若い選手については、体力が続く限りは自分のスタイルを貫いてほしいです」

■北田瑠衣/THE ANSWERスペシャリスト

 1981年12月25日生まれ、福岡市出身。10歳でゴルフを始め、福岡・沖学園高時代にナショナルチーム入り。2002年プロテストで一発合格し、03年にプロデビュー。04年はニチレイカップワールドレディスでツアー初優勝し、年間3勝で賞金ランク3位。05年には宮里藍さんとペアを組んだ第1回女子W杯(南アフリカ)で初代女王に。06年から10年連続でシード権を保持した。男女ツアーで活躍する佐藤賢和キャディーと17年に結婚し、2児のママとして子育てに奮闘中。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3

北田 瑠衣

THE ANSWERスペシャリスト プロゴルファー

1981年12月25日生まれ。福岡市出身。10歳でゴルフを始め、沖学園高(福岡)時代にナショナルチーム入り。02年のプロテストで一発合格し、03年プロデビュー。04年はニチレイカップワールドレディスでツアー初優勝し、年間3勝で賞金ランク3位。05年、宮里藍とペアを組んだ第1回女子W杯(南アフリカ)で初代女王に。06年から10年連続でシード権を保持した。男女ツアーで活躍する佐藤賢和キャディーと17年に結婚し、2児のママとして子育てに奮闘中。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集