[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のCY賞オッズ「40倍→9倍」に急上昇 ライバル推しの米識者も「あり得る」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手はイチロー外野手以来、日本人選手として2例目となる2年連続のオールスター先発出場を決めた。今季は先発投手として8勝4敗、防御率2.44、111奪三振と躍動する二刀流について、サイ・ヤング賞受賞オッズが約1か月間で40倍から9倍に跳ね上がった急上昇ぶりに米テレビ局が注目。日本人史上初の偉業の可能性について議論が白熱している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

MLB人気番組でブックメーカーのオッズに注目、6月の大活躍で様相が一変

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手はイチロー外野手以来、日本人選手として2例目となる2年連続のオールスター先発出場を決めた。今季は先発投手として8勝4敗、防御率2.44、111奪三振と躍動する二刀流について、サイ・ヤング賞受賞オッズが約1か月間で40倍から9倍に跳ね上がった急上昇ぶりに米テレビ局が注目。日本人史上初の偉業の可能性について議論が白熱している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ここまで8勝4敗と快投を続ける大谷。米MLB公式テレビ「MLBネットワーク」の人気番組「ハイ・ヒート」ではア・リーグのサイ・ヤング賞争いを特集する中で、ブックメーカーのオッズに注目した。

 米ブックメーカー「BETMGM」における大谷のサイ・ヤング賞受賞オッズは、6月16日時点では40倍と大穴状態。レイズのシェーン・マクラナハン投手が3.5倍でトップ。そして、アストロズのジャスティン・バーランダー投手が4倍、ヤンキースのゲリット・コール投手が12倍だった。しかし、様相は約1か月で一変した。

 依然本命のマクラナハンは2.5倍だが、バーランダーは2.6倍と肉薄。コールが8.5倍で続くが、ヤンキースのエースの背中に迫っていたのは大谷。オッズは9倍まで跳ね上がり、上位陣に一気に迫ってきた。

 最近の先発5試合連続自責点0と無双を続ける大谷。「マッド・ドッグ」の異名で知られる名物パーソナリティのクリス・ルッソ氏は日本人初の偉業達成について質問されると「(サイ・ヤング賞は)あり得るでしょう。なぜなら、(投票する)記者はスタッツを見ますから」とした。

 一方で「シーズンが終わって偉大な数字を残すかもしれませんが、現時点でア・リーグのサイ・ヤング賞投手ではありませんね」とも語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集