[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、150cmの身長に隠された凄み プロでも「なかなかできない」瞬間的技術とは

THE ANSWERスペシャリストの北田瑠衣、自身の経験を基に今季ツアーを振り返った【写真:荒川祐史】
THE ANSWERスペシャリストの北田瑠衣、自身の経験を基に今季ツアーを振り返った【写真:荒川祐史】

5勝・西郷真央が躍進した要因とは

 西郷の躍進についても、北田は「小技の充実が要因」と指摘する。

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

「昨季から強い選手でしたが、バーディーも取るけど、ボギーも多いスタイルで“粗さ”を感じていました。それが今季になって、ボギーが少なくなりました。ティーショットの精度が高くなったこともありますが、アプローチが抜群にうまくなった印象です」

 現実に西郷のリカバリー率(パーオンしないホールでパー以内のスコアを獲得する率)は格段に上がっている。昨季は63.6496%で全体24位、今季は75.8427%で1位。北田は「オフの間、かなりの練習を積んだのではないでしょうか」と言い、自身の経験を明かした。

「アプローチは練習をすればするほど上達します。要はコツをつかむことです。私はショットが曲がらないタイプだったので、アプローチの練習量は少な目でした。ただ、プロ4年目の2005年にシード落ちし、コ―チの誘いで片山晋呉さんたちとの宮崎合宿に参加した時、目が覚めました。

 理由は、片山さんが長い時間をかけてアプローチ練習をされていたからです。『これだけのトッププロが地味な練習をコツコツとしている。私も心を入れ替えなければ』と思い、その日からアプローチ練習に力を入れるようになりました。そして、自分でコツをつかみました。パットの不振は翌年も続きましたが、グリーンを外してもアプローチでピンそばに寄せられる。その自信がついたのは大きかったです」

 西郷、山下に関しては20歳にして小技に絶対的な自信を持ち、西郷は「グリーン近くの風が読めない時は、敢えてグリーンを外すこともします」と話している。宮里藍さんも2人のマネジメント力を目の当たりにし、「私があの年齢の頃は、常にピンを狙っていました」と驚きを口にした。だが、北田は「今の選手の方がより攻撃的だと思います」と言った。

「ツアーのレベルが上がった今は、パーを重ねてばかりではダメな時代なので、選手たちは厳しいピン位置から逃げていない印象です。また、ショートサイド(ピンからグリーンエッジまでの距離が短い方のエリア側)に外した方が意外と寄せやすい状況もある。それも頭に入れつつ、守るプレーもできていることに感心します。以前は、『厳しい時はグリーンの真ん中に乗せておけば』という発想の選手が大半でしたが、UTやウッドでもピンを狙える力のある選手も多くなってきました。だからこそ、厳しい設定でも、6アンダー、7アンダーが出せていると感じます」

1 2 3

北田 瑠衣

THE ANSWERスペシャリスト プロゴルファー

1981年12月25日生まれ。福岡市出身。10歳でゴルフを始め、沖学園高(福岡)時代にナショナルチーム入り。02年のプロテストで一発合格し、03年プロデビュー。04年はニチレイカップワールドレディスでツアー初優勝し、年間3勝で賞金ランク3位。05年、宮里藍とペアを組んだ第1回女子W杯(南アフリカ)で初代女王に。06年から10年連続でシード権を保持した。男女ツアーで活躍する佐藤賢和キャディーと17年に結婚し、2児のママとして子育てに奮闘中。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集