[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア演技中に登場する「パンケーキ」とは スピンの種類と違いを中野友加里が解説

アップライトスピンから派生して名前がついたものは?

――アップライトスピンから派生したもので名前がついているものは。

「おそらく種類が最も多いのではないかと思いますが、例えば、私たちがバックスクラッチと呼んでいるもの、一般的には高速スピンと呼ばれるものもアップライトスピンです。あとはポジションが変わりますが、レイバックもアップライトスピンの一つ。あとはレイバックスピンからポジションを変えたヘアカッター、ほかにビールマンスピン、I字スピン、Y字スピン、トンプソン、そして羽生結弦選手も取り入れているフォワードスピンのA字スピンなどがアップライトスピンとして挙げられ、よく使われているバリエーションです」

――シットスピンはいろんな形がありますが、それを総称してシットスピンなんでしょうか。それともシットスピン中でも名称はあるのでしょうか。

「あります。シットスピンは文字通り、座るということなんですけれども、座るという姿勢の中でも結構細かいルールがあります。スケーティングレッグの大腿部が(リンク)氷面と平行と決められていることなど。シットスピンから派生したもので、よく使われるのがフライングシットスピン。スピンの前にジャンプをして跳び上がり、その場で着氷して回るスピンです。あとはキャノンボールスピンと呼ばれる、頭と膝をくっつけて回るスピンです。サイドウェイズといって、シットから横に沿って回るもの。さらに、パンケーキと呼ばれているもの。シットスピンは基本的に前に足が出ていると思いますが、その足を後ろに入れたり前に出たりして。見た目がぺったんこに見えるので、パンケーキと呼ばれているスピンなどがあります」

――キャメルスピンもお願いします。

「上体と片足(フリーレッグ)を氷面と平行の位置に保ち、体がT字型のようになって回る姿勢がキャメルスピンです。先ほどのフライングシットスピンと一緒ですが、スピンの前にジャンプをするフライングキャメルスピンがあり、その場で跳んで、着氷して回るスピンです。そして、バリエーションではキャッチフットスピンと呼ばれる、ジェイソン・ブラウン選手(米国)の十八番で特徴として挙げられる、キャメル姿勢から上体を反らして頭より上でフリーレッグのエッジを手で持つ状態のスピン。

 あとは先ほどのシットと同じようにキャメルの姿勢からのサイドウェイズ、上を向いて反ったりする(別名バトン・キャメル)キム・ヨナ選手(韓国)などがよくやっていたキャメル・アップワード姿勢のスピンです。そして、今回のテーマでもある、キャメルスピンの変形で後ろに上げた足を後頭部につけるように行うドーナツスピンはちょっと難しく、難度が上がるものとなっています。キャメルスピンの中でもアウトサイドに回ったりインサイドに回ったりすることでも、難度が上がりレベルを確保するものになってきます」

1 2 3 4

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集