[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア演技中に登場する「パンケーキ」とは スピンの種類と違いを中野友加里が解説

スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。今回のテーマは「フィギュアスケートとスピン」前編。

フィギュアスケートの中野友加里さんが「スピン」を解説【写真:荒川祐史】
フィギュアスケートの中野友加里さんが「スピン」を解説【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」フィギュアスケート・中野友加里

 スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。今回のテーマは「フィギュアスケートとスピン」前編。

 フィギュアスケートの華の一つである技術「スピン」。現役時代は「世界一美しい」と称されたドーナツスピンを武器に、数々の国際舞台で活躍した中野さんにその奥深さを聞く。前編では、審判員の資格も持っている中野さんが、ビギナーファン向けにスピンの種類と違いについて解説。さらに自身が憧れ、ビデオを擦り切れるほどに見て練習したという“ドーナツスピンの名手”についても語った。(聞き手=辛 仁夏)

 ◇ ◇ ◇

――まずフィギュアスケーターにとって「スピン」とはどういうものなのでしょうか。

「スピンは練習したら練習した分だけ返ってくる技術だと、私は思っています。大会でも練習でもそうですが、ジャンプはやはりその日の調子によるところが大きく、どうしても不調の時にはしょうがないと諦める部分が出てきます。でも、もしジャンプをミスしてしまった時、スピンはそれを補い、プラスにできる部分。万が一、ジャンプが不調な時にスピンで点数を稼いでいくところでも、すごく重要な部分になってきます。私自身もジャンプで加点がもらえない選手だったので、どこで点数や加点をもらえるかといえばステップやスピンしかない。当時はGOE(出来栄え点)が3までだったので、とにかく3をもらえるように目指していました」

――スピンはフィギュアスケーターまたは演技構成の中でもかなりウエイトを占めるエレメンツ(要素)。スピンにはいろいろな種類があり、それを組み合わせて、レベルを取り、加点が得られる。スピンとしては何種類くらいあると言えるのでしょうか。

「フィギュアスケートファンの方はよくご存知だと思いますが、アップライトスピンが最もベーシックなもの。初心者の方が始めるスピンです。加えてシットスピンとキャメルスピンがあります。(スピンの)全てがこの3つのベーシックポジションから派生した種類やバリエーション。その他に非基本姿勢というものがありますが、基本的にはこの3つの基本的なスピンをベースにポジションが変えられていっています。そして、ドーナツスピンは、キャメルスピンからのバリエーションになるとお考えいただければと思います」

1 2 3 4

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集