[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子マラソンは健闘か、完敗か 野口みずき「どんな状況でも対応できる人が勝つ」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。今回は7日に行われた女子マラソンについて、2004年アテネ五輪金メダリストの野口みずきさんが解説する。

女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒【写真:Getty Images】
女子マラソンで8位入賞を果たした一山麻緒【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#81

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。今回は7日に行われた女子マラソンについて、2004年アテネ五輪金メダリストの野口みずきさんが解説する。

 一山麻緒(ワコール)が2時間30分13秒の8位に入り、日本勢ではアテネ五輪以来17年ぶりの入賞。鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2時間33分14秒で19位、前田穂南(天満屋)が2時間35分28秒で33位だった。午前6時のスタート時で気温25度、湿度84%の暑い天候に加え、前日夜にスタート時間が急遽1時間前倒しになると発表された異例のレース。毎月の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」で陸上界の話題を定期発信している野口さんは、どんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 今大会の日本勢の結果を見て、健闘したと思う気持ちと少し物足りないという気持ちの半々があります。スタートが1時間も早まったので、動揺があったのかもしれません。ただ、みんな同じ条件なので、気持ちのコントロールをしっかりして切り替える必要がある。どんな状況でも対応できる人が勝ちます。

 でも、17年ぶりの入賞ができて本当によかった。一山選手は前半から30キロくらいまではしっかりと自分のポジションを定め、あまり無駄な動きがなく先頭集団で走っていた。レースの動きを見られたのがよかったと思います。

 一山選手もレース後に8位と9位では全く違うとコメントしていた。メダルかどうかというのと一緒ですよね。3位と4位では全く違いますし、9位より8位の方が絶対にいい。この先に向けて少し前進した。悔しさ半分、8位入賞で安堵した気持ちが半分ですね。

 鈴木選手と前田選手は先頭集団から離れたり、ついたり、少し無駄な動きがありました。平坦なコースではありますが、前半で無駄な動きをしてしまい、細かいストレスを足首などに与えている。加えて湿度が高かった。だから、自分の走る位置をしっかり決めてレースを進めないと、後半にダメージが大きく出てしまいます。

 無駄な動きをしてしまう理由としては、何か不安があったのか、落ち着いていないように思えました。前田選手はスローペースで流れてリズムが掴みにくかったのか、先頭に出て自分の走りに徹しようとした。そのまま思い切り行っていたらよかったのですが、変な間隔の空き方。すぐに追いつかれるだろうなと思っていたところ、実際に追いつかれた。追いつかれては離され、今度は追いついては離されるということを繰り返す。焦りがあり、気持ちの上で少し冷静さを見失っているように見えました。

 どの選手もスタート時間が変更された影響はあると思います。練習の段階から7時スタートに合わせて調整していたはず。1時間は大きな違いです。それでも海外選手が結果を残せるのは、地力の差に加えて経験の差があるからだと思います。日本のレースは招集時間、スタート時間もきっちり守られている。海外では開始時間が早くなることはあまりないですが、遅れることはよくあるんです。

 海外選手はそういうものに慣れています。「仕方がない」と、次に気持ちを切り替えるのが早い。今回がいい経験と言ってはいけませんが、日本勢はこれをプラスに変えてほしい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集