[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手が靴をオーブンで温めるワケ 中野友加里が語る「フィギュアスケートと靴」の秘密

スケート靴は「多くの選手がこだわっている」と中野さんは語る【写真:松橋晶子】
スケート靴は「多くの選手がこだわっている」と中野さんは語る【写真:松橋晶子】

ほかの人の靴でも跳べる天才的な選手はごく一部

――競技によっては練習と本番で異なる靴を使うこともありますが、フィギュアスケートでは考えにくいですね。

「フィギュアスケートでは、ほとんどあり得ないことです。選手によっては同じメーカーとサイズが一緒であれば、ほかの人の靴でも跳べるという天才的な選手もいますが、それはごく一部。こだわる人は何十足も履いて試します。メーカーもたくさんあり、特に今は新しいものがどんどん出てくるので、しっくり来るとか、ちょっと違うとか、多くの選手がこだわっています」

――ちなみに、中野さんの好みはどんな靴が好みだったのですか?

「私は日本製しか合わなかったんです。海外のものも履いてのですが、感覚が全く合わず、跳べなくて。機能面では海外製の方が最先端で軽かったのですが……。日本製と海外製では、素材、靴の形、底までの深さが全く違います。エッジの種類も実はたくさんあり、オールマイティーなものからジャンプ、スピンに特化したものまで。

 ジャンプならトウ(つま先)のギザギザが鋭いもの、スピンを回るためにカーブが違うもの、いろんな種類があります。私はオールマイティーなものにしていました。色はシルバーかゴールドしかありませんでしたが、今はエッジの土台にジェラルミンを使っていて、いろんな色が作れるんです。好みに合わせてピンクにすることもできます」

――外から見ていると、なかなか見分けがつくにくい世界ですが、選手の思いが詰まっているんですね。

「エッジは色で選手それぞれの個性があり、こだわりが見られます。そういう小さなことから、それぞれの選手の好みが分かると、選手の気持ちに近づける一つのきっかけになるのかなと思います」

■中野友加里/THE ANSWERスペシャリスト

 1985年生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子選手として史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を務めるほか、審判員としても活動。15年に結婚し、2児の母。自身のYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」を開設し、人気を集めている。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集