[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デグロム衝撃15K完封 鋭く落ちる高速変化球に米感嘆「超能力エイリアン」「エグい」

米大リーグ・メッツのジェイコブ・デグロム投手が23日(日本時間24日)、ナショナルズ戦に先発し、9回2安打無失点。圧巻の15奪三振で完封勝利を挙げた。低めの変化球で奪った7回の3者連続三振を、米国の投球分析家が動画で公開。米ファンからは「エイリアンだ」「支配的な投手」などとコメントが集まっている。

ジェイコブ・デグロムが圧巻の15奪三振で完封【写真:AP】
ジェイコブ・デグロムが圧巻の15奪三振で完封【写真:AP】

ナショナルズ戦で2安打完封、ファン「最高の投手」

 米大リーグ・メッツのジェイコブ・デグロム投手が23日(日本時間24日)、ナショナルズ戦に先発し、9回2安打無失点。圧巻の15奪三振で完封勝利を挙げた。低めの変化球で奪った7回の3者連続三振を、米国の投球分析家が動画で公開。米ファンからは「エイリアンだ」「支配的な投手」などとコメントが集まっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 衝撃の奪三振ショーだ。デグロムは7回、先頭のターナーを低めに鋭く落ちる91マイル(約146キロ)の変化球で仕留めると、続くベルも同じようなボールで連続三振。最後は左打者シュワバーの内角低めいっぱいに決まる93マイル(約150キロ)の高速変化球。見事に見逃し三振を奪い、キャリアハイとなる15Kを記録した。

 デグロムが7回に奪った三振の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。「ジェイコブ・デグロムの13、14、15奪三振目。キャリアハイである」と文面で紹介した。

 米ファンからは「MLBで最も支配的な投手だ」「最高の投手。議論の余地なし」「眠れない」「この惑星の人間じゃない」「超能力を持ったエイリアンだ」「このチェンジアップ、エグすぎ」「人間じゃねぇよ」「彼が何をしてももう驚かない」などと感嘆の声が上がっている。

 100マイル(約161キロ)を超える速球も投じ、相手スタメン全員から三振を奪ったデグロム。5回の打席では自ら先制の適時二塁打を放つなど、6-0で勝利したチームに大きく貢献した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集