[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手が靴をオーブンで温めるワケ 中野友加里が語る「フィギュアスケートと靴」の秘密

スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

「フィギュアスケートと靴」について語ったTHE ANSWERスペシャリストの中野友加里さん【写真:松橋晶子】
「フィギュアスケートと靴」について語ったTHE ANSWERスペシャリストの中野友加里さん【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER スペシャリスト論」フィギュアスケート・中野友加里

 スポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る「THE ANSWER」の連載「THE ANSWER スペシャリスト論」をスタート。フィギュアスケートの中野友加里さんがスペシャリストの一人を務め、自身のキャリア、フィギュアスケート界などの話題を定期連載で発信する。

 今回のテーマは「フィギュアスケートの衣装と靴」後編。フィギュアスケート選手を華やかに彩る衣装と、ジャンプやスピンを支える靴。しかし、ライトなファンはなかなか知識を得るきっかけがない。トップ選手として第一線で活躍した中野さんがそれぞれの秘密を明かす。後編は「スケート靴」。選手を足元から支える靴に選手が持つこだわりとは――。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――スケート靴は衣装以上になかなかスポットライトが当たらない世界。ぜひ、詳しく聞かせてください。

「スケート靴は、値段は安いものから高いものまでさまざまです。スケート初心者の方はエッジも含め、2~3万円で購入できます。ハイレベルな技術を練習する選手は高くても15万円以内でしょうか。私は足形を木で取ってもらい、それに合わせて靴をメーカーに作っていただきました。海外製のものを輸入している選手は一度、オーブンで温めて足を入れてしばらく履き、馴染ませて冷ます。そうすると、自分の形に合っていくので、海外製を選ぶ選手も多くいます」

――オーブンで温めるとは驚きです。それくらい繊細な感覚なんですね。

「重さも変わりました。私は初期のタイプで、伊藤みどりさんと同じメーカーを使っていました。靴本体は皮、エッジの部分はステンレスや鉄でできていますが、靴とのつなぎ目は木。それらは時代と共に変化しました。当時は両足合わせて3キロ弱くらい。今は軽量化が進み、靴本体はグラスファイバー、木の部分がプラスチックソールや樹脂が主流です。エッジは靴をつなぐ土台がジェラルミンと軽さが重視された作りです。両足で2キロを切るくらい。靴の軽量化により、トリプルアクセル、4回転ジャンプなどの高難度のジャンプを跳べる選手が増えたという背景もあります」

――靴はどれくらいの頻度で新しいものに替えるのでしょうか?

「刃の部分は2、3年使いました。『そろそろ、限界かな』と思ったら替えるのですが、何が限界かというと、刃は料理の包丁と一緒で使うほど削れてしまいます。刃を研いで対応するのですが、だんだん削れて薄くなっていく。すると、深いエッジに乗れないなど体重がかけにくくなるので、それが刃(エッジ)の限界です。(刃を除いた)靴の交換は1年ごと。3月のシーズンが終わると、靴を替えて馴染ませ、1年間使っていました」

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集