[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸400m個メ予選1位、米V候補敗退「一人旅します」 大橋も通過「失格は実感ない」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の400メートル個人メドレーで日本男女のエースが予選を通過した。24日に200メートルバタフライで銀メダル、25日に200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した瀬戸大也(ANA)が、前回大会銅メダル種目で4分12秒27の全体1位。200メートル個人メドレー決勝でまさかの失格となった大橋悠依(イトマン東進)は、4分37秒23の全体2位で夜の決勝に駒を進めた。

大橋悠依(左)と瀬戸大也は予選を通過【写真:Getty Images】
大橋悠依(左)と瀬戸大也は予選を通過【写真:Getty Images】

絶好調エース・瀬戸は記録づくめの王座奪還へ、大橋は涙の失格雪辱へ

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の400メートル個人メドレーで日本男女のエースが予選を通過した。24日に200メートルバタフライで銀メダル、25日に200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した瀬戸大也(ANA)が、前回大会銅メダル種目で4分12秒27の全体1位。200メートル個人メドレー決勝でまさかの失格となった大橋悠依(イトマン東進)は、4分37秒23の全体2位で夜の決勝に駒を進めた。

 瀬戸は、ここまでの2種目とも決勝で自己ベスト更新と絶好調。本命の400メートル個人メドレーは2013、15年以来3度目の金メダルがかかる。世界選手権で日本人の1大会メダル3個は、男子平泳ぎの北島康介氏と女子背泳ぎの中村真衣氏だけだが、ともにリレーのメダルを含んでいる。個人種目だけでメダル3個なら日本人初で、通算4個目の金メダルも北島氏を上回る最多。同一種目の4大会連続表彰台も日本人初の快挙だ。

 この日は、最初のバラフライをトップで終えると、その後も先頭を譲らず悠々とトップ通過を決めた。「最低ライン。周りが遅かったので後半は結構流しました」と淡々。リオ五輪銀メダルで最大のライバルと目されていたチェイス・カリシュ(米国)が4分15秒62の全体10位でまさかの予選落ち。結果を見た瀬戸は「決勝は一人旅します」と金メダルへの視界が開けた。

 1大会複数金メダルなら、03年大会北島氏以来の日本勢2人目となる記録づくめの決勝。絶好調のエースは「目指しているタイムを出したい。前半攻めて、後半は耐える。東京五輪を見据えて、目指しているタイムを出したい」と、200メートル個人メドレーに続く今大会2つ目の東京五輪切符を狙う。

 大橋は22日の200メートル個人メドレー決勝で、背泳ぎから平泳ぎのターン直後に通常1回のドルフィンキックを2回したとされる泳法違反で失格となり、記録が残らず。前回大会銀メダルの種目でタイムも実質6位という結果に終わり、涙を流した。リベンジを目指す最終種目では2組1位、全体2位で通過した。

「失格は全然、実感がない。この5日間は気持ちがヘロヘロしていたので、今回は予選落ちもあると思って、しっかり泳ぎました。最後の自由形で上げられるように午後も調整したい。しっかり体は動いている。もちろん、メダルを獲りたいけど、やってきたことを出し切ること。現状でできることをやりたい」と決勝を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集