[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前の悔しさを忘れない 桐光学園が薄氷の1勝、エースFW西川潤「今年も同じ流れで」

全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」のサッカー競技の2回戦が、27日に沖縄県の各地で行われた。16試合のうち6試合が70分で決着がつかず、PK戦にもつれこむ接戦となった。

PK戦の末に1回戦突破の桐光学園【写真:山田智子】
PK戦の末に1回戦突破の桐光学園【写真:山田智子】

昨年準V校が清水桜が丘にPK8-7勝ち、C大阪内定の西川「負けたらどうしようと」

 全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」のサッカー競技の2回戦が、27日に沖縄県の各地で行われた。16試合のうち6試合が70分で決着がつかず、PK戦にもつれこむ接戦となった。

 昨年の準優勝校・桐光学園は、1回戦でプレミアリーグ勢の東福岡を下した清水桜が丘と対戦。スコアレスドローのPK戦の末、PK8-7で薄氷の勝利で初戦を突破した。U-20日本代表で、セレッソ大阪への入団が内定しているFW西川潤も「ここで負けたらどうしようという感じだったので、ホッとしました」と安堵の笑みを浮かべた。

 両者ともに守備を重視し、静かな立ち上がりとなった前半。ボールを支配した桐光学園は、バックラインから丁寧にパスをつなぎ、機を見て楔やスペースへのフィードを狙うも、前線の西川にボールが入らないイライラした展開が続く。

「先制点を取られるとゲームが難しくなる。まずしっかりとした守備から入ること、特に前半の立ち上がりは慎重にと伝えたので、少し消極的な部分が出てしまった。一つ奥に飛ばせるパスも、ひとつひとつ丁寧に繋ぎすぎた」と鈴木勝大監督。

 一方の清水桜が丘は、1回戦の東福岡戦同様、ボールを奪うとMF古長谷千博、野牧稜平らが一気にゴールに迫り、チャンスを作った。

 0-0のまま迎えた後半、桐光学園は「(西川)潤ではなく、庄司(朗)を軸にして、潤が衛星のように動ける方が相手にとって脅威」とFWラナイメアー祈安に代えて、高さのあるFW庄司を投入してギアを上げる。

 監督の目論み通り、西川が右サイドで攻撃の起点となり、ドリブル突破からのシュートやクロスでサイドから決定機を作るが、清水桜が丘のGK藤原元輝の好セーブに阻まれる。左SBで起用された佐々木ムライヨセフが、自陣からゴール前までドリブルで約60メートルを独走してチームに活を入れたが、得点にはつながらない。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集