[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1年前の悔しさを忘れない 桐光学園が薄氷の1勝、エースFW西川潤「今年も同じ流れで」

殊勲のGK北村「練習していたので、絶対に止められると」

 清水桜が丘も1回戦で2ゴールをマークした古長谷が巧みな切り返しでDFをかわして枠内シュートを放つなどゴールに迫るも、得点を奪えず。0-0のままPK戦へと突入した。

 清水桜が丘の先行で進んだPK戦は、両チームともに7人目まで全員が成功。

 清水桜が丘の8人目のキッカーを見て、桐光学園のGK北村公平は「自信がないのかなという感じがあった。そういうキッカーは引っ張る傾向にある」と予想し、右に飛んで8人目のシュートをストップ。その後、後攻の桐光学園MF所新太郎がきっちりと決めて、勝利を掴んだ。

「練習していたので、方向にきたら絶対に止められると思っていた。今日は少し時間が懸かり過ぎちゃいました。こういうギリギリのところを突き詰めてこそ全国レベル。1本上回ったことは、成長できたかなと」と笑顔が弾けた。

「去年の悔しさを絶対忘れないように、1戦1戦戦っていきたい」(北村)

「(昨年は)1試合1試合徐々に良くなっていったので、今年も同じような流れでできればいい」(西川)

 昨年届かなかった頂点へ。桐光学園は苦しみながらその第一歩を踏み出した。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集