[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

塩浦慎理8位「勝負させてもらえなかった」 1コースから“逆転”ならず力の差痛感

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。日本勢の個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第7日(27日)の男子50メートル自由形決勝では、日本人18年ぶりの決勝進出となった塩浦慎理(イトマン東進)が21秒81で8位となった。ケイレブ・ドレセル(米国)が21秒04で優勝。

塩浦慎理は日本人18年ぶりとなった男子50メートル決勝を8位で終えた【写真:Getty Images】
塩浦慎理は日本人18年ぶりとなった男子50メートル決勝を8位で終えた【写真:Getty Images】

2度入院の病を乗り越え50m爆泳、18年前決勝山野井氏の再現ならず

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。日本勢の個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第7日(27日)の男子50メートル自由形決勝では、日本人18年ぶりの決勝進出となった塩浦慎理(イトマン東進)が21秒81で8位となった。ケイレブ・ドレセル(米国)が21秒04で優勝。

 予選は21秒78の全体5位、準決勝は21秒74の同7位で通過。日本人では、2001年大会銅メダルの山野井智広氏以来18年ぶりの決勝レースだった。

 レース後には「本当に凄くワクワクして、久々にレース前から凄く楽しい気分でいけたんですけど、思ったより力の差がある。みんな3本ともハイレベルなタイムでやっている。3本目でみんなタイムを上げてきているので、僕もまだまだ未熟ですね。泳ぎ終わってみると思ったより伸びなかった」と振り返った。

 子供の頃に見た山野井氏の銅メダルは、端のコースから海外勢に立ち向かった。今回は自身も1コース。「端のコースから泳いでメダルを獲ったのは、動画で見て鮮明に覚えている。僕も端だから、なんとかメダル獲りたいなと思っていたけど、それは来年に向けてまた頑張りたいなと思います」と再現はならなかったが、今できることはやり切った。

 昨年8月のアジア大会100メートル自由形で金メダルを獲得したが、9月初旬に扁桃周囲膿瘍で入院。一度は退院したものの、再発した。さらに咽頭浮腫も併発し、喉の手術を受けた。喉の手術だっただけに入院中はお粥しか食べられず、92キロあった体重は86キロまで落ちた。再びプールに戻ったのは、アジア競技大会から2か月以上も経った11月だった。

「やっぱり悔しいですね。順位も、タイムもですけど、勝負させてもらえなかったので。速くなれるポイントもあるけど、僕も先は長くないし、全てやり切った状態で1年後の五輪を迎えたい」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集