[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

塩浦慎理、日本人18年ぶり決勝21秒81で8位 2度入院の病を乗り越え50m爆泳

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。日本勢の個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第7日(27日)の男子50メートル自由形決勝では、日本人18年ぶりの決勝進出となった塩浦慎理(イトマン東進)が21秒81で8位となった。ケイレブ・ドレセル(米国)が21秒04で優勝。

塩浦慎理【写真:Getty Images】
塩浦慎理【写真:Getty Images】

昨年9月に扁桃周囲膿瘍で入院、咽頭浮腫を併発も「ただでは起き上がらない」

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。日本勢の個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第7日(27日)の男子50メートル自由形決勝では、日本人18年ぶりの決勝進出となった塩浦慎理(イトマン東進)が21秒81で8位となった。ケイレブ・ドレセル(米国)が21秒04で優勝。

 予選は21秒78の全体5位、準決勝は21秒74の同7位で通過。日本人では、2001年大会銅メダルの山野井智広以来18年ぶりの決勝レースだった。

 昨年8月のアジア大会100メートル自由形で金メダルを獲得したが、9月初旬に扁桃周囲膿瘍で入院。一度は退院したものの、再発した。さらに咽頭浮腫も併発し、喉の手術を受けた。喉の手術だっただけに入院中はお粥しか食べられず、92キロあった体重は86キロまで落ちた。再びプールに戻ったのは、アジア競技大会から2か月以上も経った11月だった。

 練習再開の許可が下りると「とにかく泳ぎたかった」と心の声に素直に従った。退院後は、減った体重を微増の89キロでキープ。筋量が減ったかと思いきや、今年の日本選手権後は昨年の同時期と比べ、「200グラムくらいしかズレがなかった」。有酸素運動や水中トレーニングで無駄な脂肪を削ぎ落とし、理想的なコンパクトボディを作り上げた。

 以前は筋トレ好きだったが、水中で泳ぐ量を増やした。「身体の疲労の抜け方がよくなった。水の中で身体を動かすのが少し上手くなった感じがします」。コンパクトになった身体を水中で効率良く動かす術を身につけた。

 今年4月の日本選手権50メートル自由形準決勝では、従来の記録を0秒20も更新する21秒67の日本新記録を樹立。「ただでは起き上がらない」という“塩浦流”で復活し、大舞台の50メートルを思う存分泳ぎ切った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集