[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡辺一平、自身の世界記録塗り替えたチュプコフを称賛「今、僕が出せる記録ではない」

世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳第6日は26日、男子200メートル平泳ぎ決勝で渡辺一平(トヨタ自動車)が2分6秒73で銅メダルを獲得。2大会連続で表彰台に上がったが、アントン・チュプコフ(ロシア)が2分6秒12で渡辺が持つ世界記録を0秒55更新し、優勝した。レース後、渡辺は素直にライバルを称えた。

渡辺一平は2大会連続で表彰台に上がった【写真:Getty Images】
渡辺一平は2大会連続で表彰台に上がった【写真:Getty Images】

0秒55上回る世界新2分6秒12に脱帽「僕より上手だった」

 世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳第6日は26日、男子200メートル平泳ぎ決勝で渡辺一平(トヨタ自動車)が2分6秒73で銅メダルを獲得。2大会連続で表彰台に上がったが、アントン・チュプコフ(ロシア)が2分6秒12で渡辺が持つ世界記録を0秒55更新し、優勝した。レース後、渡辺は素直にライバルを称えた。

 テレビインタビューに続き、応じた囲み取材で渡辺は「今日できることは精一杯やったつもりなので、清々しい銅メダルでした」とサバサバとした表情と胸中を明かした。

「準決勝は凄く泳ぎができたかなと自分の中で思っていたけど、今日の朝も今も筋肉痛があって、いかに体をうまく決勝に持っていくかを考えながら、午前中は練習しましたし、工夫してこの決勝に備えて、僕が昨日、今日できることは精一杯やったと思うので、ウィルソン選手も、チュプコフ選手も僕より上手だったかなと思います」とライバルを称えた。

「ちょっとスタートに失敗してしまったんですけど、落ち着いて前半から思い切っていきたいというのがレースプランにはあって、かつ自分の生命線である大きく抵抗の少ない泳ぎを意識して、ラストはきつくなるのがわかっていたけど、気持ちで泳ぐというにはやったつもり。落ち着いて自分のやりたかったことはできたかなと思うので、納得したレースだったと思う」と振り返った。

 7コースで泳いだ渡辺は、5コースを泳いだチュプコフについて「全然、見ていなかったです」という。「一回も見なかったけど、175メートル付近で(2位ウィルソンを含め)3人が並んでいるっていうのは、レース前から僕の中でも予想していた。それをイメージしながらラスト25メートルを泳ぎました」と語った。

「彼のラップがわからないのでなんとも言えないですけど、6秒1っていうのは今、僕が出せる記録ではないですし、来年が東京五輪なので、これだけ強いライバルが同級生にいるっていうのは、凄く燃える一つの頑張れる、負けたくない理由の一つになるので、これをよく考えて、この1年間後悔のないように過ごしたい」

 世界記録保持者の肩書きこそ、チュプコフに渡ることになったが、大目標は1年後にある東京五輪。負けてなお、闘志を燃やした渡辺の新たなる挑戦が始まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集