[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、これぞエース!これぞ主将! 萩野、池江不在で牽引「負ける気しなかった」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、第5日(25日)の男子200メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也(ANA)が自己ベスト更新の1分56秒14で金メダルを獲得。東京五輪内定1号となった。24日には200メートルバタフライで銀メダル。今大会自身2つ目のメダル獲得で男子主将&エースとして獅子奮迅の活躍を見せている。

瀬戸大也【写真:AP】
瀬戸大也【写真:AP】

4月に男子主将に就任し、結束力を固めるために奔走「やった~、最高っすね!」

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、第5日(25日)の男子200メートル個人メドレー決勝で、瀬戸大也(ANA)が自己ベスト更新の1分56秒14で金メダルを獲得。東京五輪内定1号となった。24日には200メートルバタフライで銀メダル。今大会自身2つ目のメダル獲得で男子主将&エースとして獅子奮迅の活躍を見せている。

 最初のバタフライの50メートルは2位で折り返すと、背泳ぎでトップに。平泳ぎを終えると後続を一気に引き離した。ラストは2位以下に追い詰められそうになったが、大歓声の中でライバルたちを振り切った。連日の表彰台で今度は頂点に立ち、ゴール後には日本チームのいるスタンドに向かって雄叫びを挙げた。

 24日には200メートルバタフライは、従来の自己ベストを0秒17更新する1分53秒86で好タイムをたたき出し銀メダル。この日も自己ベストは0秒55更新する絶好調ぶりを見せつけ、ミックスゾーンに現れるや否や「やった~、最高っすね!」。大興奮の様子でレースを振り返った。

「もう積極的に前半からいくと決めていたので、ブラさずに、そして後半ビビらずに行けたことが今回の勝因だと思う。バテました。最後はバテると思っていたし、絶対に相手は来ると思っていた。ただ、平泳ぎの時点であそこまでリードしていて、耐乳酸トレーニングをやっていたので、その成果を出したいと思っていた。今回浮いてしまって、金を獲れなくても、400につながるレースをしたかった。もう完璧です」

 世界の猛者を相手に冷静に自己ベスト。レース前のウォーミングアップから自信に満ち溢れていた。

「自分のレースをすることが一番だったので、ベストタイムを目指してやった。その中で自分の思っていたレース展開と、アップの時点で今回も負ける気がしなかった。みんな絶好調じゃなさそうだったので、チャンスだと思って、淡々と狙ってたいたところがしっかりと結果に結びついた。最終日まで自信を持っていきたい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集