[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松元克央、日本人不毛の自由形で快挙 充実の銀メダル「もう明日動けないと思います」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が、1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。この種目でメダルを獲得するのは日本人初の快挙で、メダリストは今大会のトビウオジャパン第1号となった。

松元克央【写真:Getty Images】
松元克央【写真:Getty Images】

日本新で銀メダル快挙、レース後には「信じられない」と喜び爆発

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が、1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。この種目でメダルを獲得するのは日本人初の快挙で、メダリストは今大会のトビウオジャパン第1号となった。

 カツオが歴史に名を刻んだ。200メートル自由形でのメダル獲得は五輪を含めても日本人史上初の快挙。韓国で会心の泳ぎを見せた。残り50メートルで一気に浮上し3位で入線。1位入線の選手が失格となり、孫楊(中国)に続いて銀メダルを獲得した。

 レース後には「信じられない」と喜びを爆発させた松元。「もう何も失敗がないというか、全て満足するような結果。鈴木先生にも言われたけど、『明日動けなくなるまで出し切れ』と。もう明日動かせないと思います」と死力を出し尽くしての結果だと振り返った。

「練習の成果が出た結果。周りも少しは見えていたけど、とことん自分のレースをしようと決めていた。あとは緊張で頭が真っ白になっていて、それが逆によかったのかな。体が勝手に動いた。3番についた時点ですごく嬉しかった。2番に繰り上がって、何もかも信じられないような気持でいっぱいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集