[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

目に映るもの全てが新鮮 最年少16歳池本凪沙が合宿で気づかされた「JAPAN」の強さ

初めての世界水泳に向けて、意気込みを語った池本凪沙【写真:テレビ朝日】
初めての世界水泳に向けて、意気込みを語った池本凪沙【写真:テレビ朝日】

勝負の世界に年齢は関係ない「最年少だからメダルは無理だろ、と思われるのが嫌」

「全てが本当に良い経験になりました。ジュニアの遠征は何回も行かせていただいていますが、A代表の皆さんと一緒に行動できるのは本当に初めてだった。まず皆さんと一緒にいられることが嬉しくて。一緒に練習させてもらって、皆さん一つ一つ細かいところまでずっと練習していた。繊細にやっているところを見て、本当に凄いなと思いました」

 技術や競技に取り組む姿勢をスポンジのように吸収。4月の日本選手権は不調で結果を残せなかったが、合宿を経て一皮むけた。「飛込みとターンが本当に下手くそ」と技術面を細かく分析。ターンをするごとに離されていたが、日本代表の平井伯昌ヘッドコーチの直接指導もあって改善できた。

「ジャパンオープンで泳いだら、平井先生に『ターン上手くなってる』と言われた。それは本当に嬉しかったです」。ダイナミックな泳ぎによる大きなストロークが元々の武器。伸び盛りの女子高生がトップクラスの指導でさらに成長した。

 性格はマイペース。「何も考えてなさそうって言われます(笑)。ちゃんと考えているけど、緊張とかしなさそうって。感情をあまり出さないので、何を思ってるのか分からないとも言われますね」。日本選手権やジャパンオープンなどシニアの大会でも、「適度に緊張する」という程度。さらに「負けず嫌いです」とアスリートに大事な要素も持ち合わせている。

 所属チームでは、ハードな練習でなくても「負けたくないから」とタッチの速さにこだわる。ウォーミングアップでさえも「隣に人がいたら頑張っちゃいます。勝ちたいって思っちゃう」とバチバチだ。代表合宿でも隣で泳ぐ先輩たちを意識していたという。ペースを乱されているようにも見えるが、周りより速く泳ぐことこそが“マイペース”なのかもしれない。

 800メートルリレーで臨む世界水泳。リレーの星を目指し、「ヤングスターになる」が目標だ。謙虚な気持ちを胸に秘めつつ、プールに入れば年齢なんか関係ないことはわかっている。

「最年少だからと言って、『メダルは無理だろ』とか思われるのが嫌。先輩方の足を引っ張らないように若さを力に変えて、リレーでは自己ベストを大幅に更新してチームに貢献したいです。絶対に東京オリンピックに出たいし、そのためにはもっともっと練習していかないといけない。若さで頑張っていきたいなって思います」

 16歳の夏。思い出にするつもりも、“経験を積んだ”で終わらせるつもりもない。「JAPAN」を背負う一人として、結果を残しに海を渡る。

(明日19日の第29回は吉田啓祐が登場)

 ◆世界水泳、テレビ朝日系で連日中継 7月21日に開幕する競泳は、決勝をテレビ朝日系地上波、AbemaTVで最終日まで8夜連続放送。予選はBS朝日、AbemaTVで放送する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集