[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米6歳コーチ、大暴れの退場劇が反響拡大 米メディアも続々報道「極めてキュートだ」

米国の大学野球で今、脚光を浴びている存在がいる。6歳にして監督や選手から「ドレイクコーチ」として親しまれている。そんな名物6歳児が猛抗議して退場処分を受けるシーンが話題に。ドレイクコーチが所属するカラマズー・グラウラーズが動画付きで公開。ファンには「本日最高の光景」などと笑撃を与えていたが、米メディアも「極めてキュートだ」となどと続々報じるなど、反響が広がっている。

何とも愛らしい退場劇が米国で話題(写真はスクリーンショット)
何とも愛らしい退場劇が米国で話題(写真はスクリーンショット)

6歳の「ドレイクコーチ」の退場劇を米メディアも続々報道

 米国の大学野球で今、脚光を浴びている存在がいる。6歳にして監督や選手から「ドレイクコーチ」として親しまれている。そんな名物6歳児が猛抗議して退場処分を受けるシーンが話題に。ドレイクコーチが所属するカラマズー・グラウラーズが動画付きで公開。ファンには「本日最高の光景」などと笑撃を与えていたが、米メディアも「極めてキュートだ」となどと続々報じるなど、反響が広がっている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 米国で脚光を浴びているのは、カレッジサマーリーグのグラウラーズの6歳の少年コーチだ。所属先が実際の試合中のシーンを公開しているが、その振る舞いや堂々たるものだ。

 15日(日本時間16日)の試合中だった。7回、判定を巡って納得のいかないドレイクコーチがベンチから登場。身振り手振りでアンパイアに猛抗議。小さな体を目一杯使って訴えるも、判定は変わらない。ドレイクコーチは審判の周りを一周し、そして足で砂をかけ始めたのだ。

 すると、この悪態に審判は退場を宣告。ふてくされるようにダグアウトに引き上げるドレイクコーチだが、これで終わらない。今度は自身の背丈ほどのバットを持ち出し、グラウンドに放り投げていく。4本投げても怒りの収まらない6歳は今度はボールを持ち出し、一気にぶちまけた。

 さらにはホームベース付近に歩み寄ると、脱いだ帽子を地面にぴしゃりとたたきつけたのだ。あまりに小さなコーチの怒り爆発シーンに、観衆は大爆笑。本人も発散し落ち着いたのか、再びダグアウトに引き上げていった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集