[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「NARUTO」から学んだ“負けん気” 「練習でも負けたくない」難波暉が目指す場所

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと19日の第12回は、男子400メートルリレーの難波暉(新東工業)が登場。初めての代表入りを果たした23歳は強烈な負けん気を胸に、メダル獲得を誓う。

男子400メートルリレーに出場する難波暉【写真:テレビ朝日】
男子400メートルリレーに出場する難波暉【写真:テレビ朝日】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと19日―男子400mリレーの難波暉

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと19日の第12回は、男子400メートルリレーの難波暉(新東工業)が登場。初めての代表入りを果たした23歳は強烈な負けん気を胸に、メダル獲得を誓う。

 ◇ ◇ ◇

 負けず嫌いがうずく。「全てが初めての経験で右も左もわからないんですけど、先輩についていければいいなと思っています」。難波は謙虚に意気込みながらも、野望も口にした。

「あの世界の舞台で戦える。しっかり力を発揮して、自分も貢献できればいいなと思います」。昨年のパンパシ水泳の400メートルリレーでは松元克央、中村克、塩浦慎理、溝畑樹蘭の4人で臨み銅メダルを獲得。新たにメンバーとして加わる形になったが、「自分が47秒で泳いで日本に貢献して、しっかりメダルを獲りたいと思います」とイメージを膨らませている。

 スイマーとして、アスリートとして、戦う気持ちは人気漫画「NARUTO」から学んだ。

「もう何回も読みましたね。主人公がどんどんどんどん成長していくっていうのが僕の中で、すごく良い話だなと思って。仲間もすごい大切にしますし、自分のことも曲げずに自分の意志をしっかり貫いているので、すごい良いなと思っていました」

 すっかり感化され、競技にも生かされているという。「結構、負けず嫌いな部分はあると思うので、そういうところから力をもらったりとかはしました」とうなずく。仲間と力を合わせて強敵に立ち向かっていくナルトたちの姿を、自身に重ね合わせたこともあった。

 小学校時代から負けず嫌いだった。校内の持久走でも負けたくない一心で、家の周りを走った。「練習をさぼったりとか僕はできない。負けたくないんで。練習から負けたくない。隣が競ってきたら、自分も頑張る。たぶん昔からそれをやっていたと思います」と回想する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集