[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪で考える女性アスリートと美 メイクをすると「チャラチャラしている」の風潮

「メイクをすること」を当たり前に選べる社会に

 しかし、選手がメイクをしていると「競技に集中していない」「チャラチャラしている」など言われる風潮があります。

 監督やコーチ、外部からだけでなく、メンバーからも「男の目を気にしているの?」「モテたいの?」と言われたり、冷やかされたりもします。団体競技で、周りがメイクをしていない中、自分がメイクをすると目立ってしまい、興味があることさえ打ち明けられない選手もいます。

 私は「アスリートだからメイクはしてはいけない」「女性性を封印するべき」という風潮に疑問を感じます。もちろん、それで練習がおろそかになってはいけないし、メイクを全てのアスリートに強制するつもりはありません。ただ、自分の自信や魅力を引き出すためにメイクをしたいと思う選手は、メイクをすることを当たり前に選べる社会にしたいと思います。

 東京五輪を通して、アスリートが自信を持って輝く姿を見て、ファンが増えたり、子どもたちの憧れの存在になったりすることが、競技やスポーツ界全体の活性化にも繋がっていくと信じています。

■花田真寿美 / Masumi Hanada

 1987年生まれ、富山県出身。小学3年生からバドミントンを始め、大学2年生まで続ける。29歳だった16年から「アスリートビューティーアドバイザー」として活動を始め、19年に日本アスリートビューティー協会を設立。昨年10月からは「チーム・アスリート・ビューティー」を立ち上げ、元競泳日本代表・伊藤華英さんのほか、管理栄養士、パーソナルカラー診断士、皮膚科専門医ら7人で協力し、それぞれのジャンルで“美”を追求したオンラインプログラムを提供している。

(花田 真寿美 / Masumi Hanada)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集