[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体脂肪を落としたい… 1日何キロカロリーなら食べても痩せられるのか教えて!

現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏【写真:荒川祐史】
現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏【写真:荒川祐史】

体脂肪を落とすのは“摂取カロリーを減らす”だけが手じゃない

 私自身の体で説明しましょう。ボディビルの大会に向けた減量期、私の1日の摂取カロリーは3000~3500kcalです。一方、特に減量をしていない今は、2000~2500kcalと、減量期よりも大分少ない。それは何故か? 減量中の方が、激しい筋トレをするため、食べても太れないからです。同じ人間の体でも、そのときの生活次第で、体に必要なカロリーはこれだけ変わってしまいます。

 痩せるか太るかの決め手は結局、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支バランスです。しかし、それぞれの絶対値を持って論じてもあまり意味はありません。もちろん、トップアスリートのようにほんの僅かであっても情報を得たい人たちであれば、カロリーを計算して「参考」にするのも有効です。ただ、一般の人の場合、計算する努力と得られる成果が噛み合わないことが多い。であれば、面倒なカロリー計算をしなくても、今の生活から運動をプラスするか、食事をマイナスにするだけで十分なのです。

 また、カロリーの数値にこだわりすぎて、日ごろから小食の人が減量しようとすると、本当に何も食べられなくなります。

 体脂肪を落とすには、何も摂取カロリーを減らすだけが手ではありません。筋トレで運動を増やし、食べる量も増やして筋肉をつけ、エネルギー消費のベース(基準)を上げるのも一つの手。もちろん筋トレでもエネルギーは消費できますし、筋肉を増やせば代謝の良い体=消費エネルギーの多い体が出来上がります。そうやって、食べて消費できるような生活を作ってから、減量に入る。つまり、ヤセの大食いを目指すのです。

 カロリーという数値にしばられ、食べられない苦しみを味合わっていては、結局、減量は続きません。すると結果も得られません。特に、そもそも小食の人は、食事を減らすことは後回しでいいくらいです。運動を取り入れつつ、自分の体の変化をモニタリングしながら、ぜひ、自分にあった食事量を見極めてください。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

岡田 隆

1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。バズーカ岡田公式サイトhttps://bazooka-okada.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集