[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

倒れた2人の友情シーン 陸上で生まれた“称え合う2枚”に反響「これこそ五輪の全て」

東京五輪は陸上競技が国立競技場で開催されているが、1日の女子100メートル障害準決勝で、2人の選手によるスポーツマンシップを感じさせるシーンが生まれた。実際の写真を五輪公式が公開すると、海外ファンから「真のオリンピアンたち」「リスペクトだよ」などと反響が寄せられている。

女子100メートル障害準決勝に出場したルツァ・コザク(左)とヤニク・トンプソン【写真:Getty Images】
女子100メートル障害準決勝に出場したルツァ・コザク(左)とヤニク・トンプソン【写真:Getty Images】

東京五輪・陸上女子100m障害の名シーンとは

 東京五輪は陸上競技が国立競技場で開催されているが、1日の女子100メートル障害準決勝で、2人の選手によるスポーツマンシップを感じさせるシーンが生まれた。実際の写真を五輪公式が公開すると、海外ファンから「真のオリンピアンたち」「リスペクトだよ」などと反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 互いに手を取り合った。日本代表・寺田明日香も出場した準決勝1組。6つ目のハードルを飛び越えた後、ルツァ・コザク(ハンガリー)とヤニク・トンプソン(ジャマイカ)が失速。両者倒れこみ、途中棄権となった。レース後、コザクが座り込むトンプソンのもとへ歩み寄り、体を起こす。互いに無念の表情を浮かべながらも、称え合ってトラックから去っていった。

 2人の写真2枚を、五輪公式ツイッターが公開。「これ。これこそオリンピックの全て」と文面につづると、海外ファンからは「美しい」「フェアプレーだ」「その通り」「リスペクトだよ」「素晴らしい」「真のオリンピアンたちだ!」「最高のスポーツマンシップ」などと反響が寄せられている。今大会は各競技でスポーツマンシップを感じさせる場面が生まれているが、陸上の友情シーンも見る人を惹きつけていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集