[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

萩野公介「昨日で涙は枯れたかも」 出し切った6位に晴れやか「今の僕に悔いはない」

東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也が1分56秒22で4位、メダルにはわずかに0.05秒届かなかった。萩野公介は1分57秒49で6位と日本勢はメダル獲得を逃した。準決勝で号泣した萩野は「昨日で涙は枯れたかもしれない」と笑顔だった。

男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した萩野公介【写真:Getty Images】
男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した萩野公介【写真:Getty Images】

競泳男子200メートル個人メドレー決勝

 東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也が1分56秒22で4位、メダルにはわずかに0.05秒届かなかった。萩野公介は1分57秒49で6位と日本勢はメダル獲得を逃した。準決勝で号泣した萩野は「昨日で涙は枯れたかもしれない」と笑顔だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 萩野は6位で決勝を終えた。自身今大会唯一の個人種目で出し切った。レース後は永遠のライバル、瀬戸とがっちり握手。称えるその顔は爽やかな笑顔だった。

 レース後、瀬戸と並んで受けたインタビューでは「レースを泳ぐ前から色々なこと思い出して、大也と一緒にずっと泳いできて嬉しかったです」と振り返り、さらに準決勝では号泣したことについて問われると、「昨日で涙は枯れたかもしれない。全力は出し切ったので、今の僕に悔いはないです」とすっきりとした表情だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集