[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、まさかの予選敗退に海外記者も衝撃「日本に大きなショック」「胸が張り裂ける」

東京五輪は24日、競泳男子400メートル個人メドレー予選が東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也(TEAM DAIYA)が予選4分10秒52の組5着、全体9位で8位以内の決勝進出を逃した。2019年世界選手権を制し、金メダル候補だった本命種目でまさかの予選落ち。海外メディアは「日本に大きなショック」「胸が張り裂ける」と衝撃を報じている。

競泳男子400メートル個人メドレー予選で全体9位に終わった瀬戸大也【写真:AP】
競泳男子400メートル個人メドレー予選で全体9位に終わった瀬戸大也【写真:AP】

瀬戸大也が本命種目400m個人メドレーで予選敗退

 東京五輪は24日、競泳男子400メートル個人メドレー予選が東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也(TEAM DAIYA)が予選4分10秒52の組5着、全体9位で8位以内の決勝進出を逃した。2019年世界選手権を制し、金メダル候補だった本命種目でまさかの予選落ち。海外メディアは「日本に大きなショック」「胸が張り裂ける」と衝撃を報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 金メダル候補の予選敗退を海外記者もツイッターで続々と報じた。豪シドニー地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」のフィル・ラットン記者は「セトが決勝に残れず。開催国に大きなショックだ」と投稿。米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」のパット・フォード記者は「セトが決勝逃がす強烈な衝撃。自由形で完全に失速。これで決勝は誰にでもチャンスがある状態に」と速報した。

 米経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」のライン・ヒギンズ記者も「これのショックは言い表せない」と反応。米水泳専門誌「スイムスワム」のロレッタ・レース記者は「今、全て見た。セトが残念。明らかに能力はあるのに。胸が張り裂けるような思い」と心境をつづった。瀬戸は前回リオ五輪銅メダルの種目だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集