[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】部員の事故で夢を絶たれた高3の夏 ケイリン脇本雄太「あの時、諦めなくて良かった」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

今年2月の世界選手権で銀メダルを獲得したケイリンの脇本雄太【写真:Getty Images】
今年2月の世界選手権で銀メダルを獲得したケイリンの脇本雄太【写真:Getty Images】

連載「Voice――今、伝えたいこと」第3回、東京五輪を目指す最強の“ケイリン”選手

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第3回はケイリンで東京五輪のメダル獲得を目指す、脇本雄太が登場する。今年2月の世界選手権で日本人最高位の2位に入り、競輪選手としても2019年の日本選手権優勝をはじめG1 2勝、ファン投票1位など、公営競技としての“競輪”と“ケイリン”、二足の草鞋を履く男がどうしても伝えたいメッセージとは。

 ◇ ◇ ◇

 競輪界も今、我慢の時を迎えている。開催の中止が相次ぎ、“競輪ダービー”と称され、長い歴史を誇る日本選手権競輪(5~10日)も59年ぶりの中止となった。それでも他のスポーツとは違い、いくつかの競輪場で無観客ながら開催は続いている。数少ない娯楽としてレースを楽しみに待っているファンは少なくはない。そんな現状を踏まえて競輪界のエース脇本は慎重に言葉を選びながら、こう口にする。

「自粛している開催が多く、レースで走る機会が減っているのは確かです。そんな中でも僕たちはしっかり練習し、楽しみにして下さっているファンのためにもいいレースを見せたいという思いです。コロナ自粛が緩和され、ファンの皆様の前で走る機会があれば、僕らの頑張ってきた成果を見てほしいという気持ちです」

 選手や関係者に感染者が出てしまえば、全面的な中止となる可能性もある。競技の火を消すわけにはいかない。脇本自身も意識を強めている。

「競輪をライブで見てもらうためにも、細心の注意を払っています。もし現状で関係者からコロナ感染者が出てしまったら、自粛せざるを得ません。それだけは絶対に避けなければなりません。選手はみなそういう気持ちだと思います」

 脇本は競輪界を引っ張る存在であると同時に、競技としてのケイリンでは2016年のリオ五輪に出場。17年のW杯では日本勢で14年ぶりの優勝も飾った。今年2月の世界選手権では銀メダル。競輪とケイリン――。両競技でトップの力を発揮できる選手は多くはない。なぜなのか。競輪とケイリンは似て非なるものだと強調する。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集