[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スコットランド、勝ち点はく奪可能性も 地元記者懸念「次回の自動出場権を犠牲に」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のA組最終戦で日本に21-28で敗れたスコットランド。試合前には台風19号が列島を直撃し、自然災害を前に試合開催が危ぶまれる中、スコットランド協会最高責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、大会側に対する法的措置を示唆。この発言を、W杯の統括責任者のアラン・ギルピン氏は改めて問題視し、独立紛争委員会で審議する方針を明らかにした。スコットランド記者は「勝ち点6以上剥奪となれば、ドッドソン発言は2023年のW杯自動出場権を犠牲にする可能性も」と、大会史上初のペナルティに発展する可能性を指摘している。

ラグビー・スコットランド代表【写真:Getty Images】
ラグビー・スコットランド代表【写真:Getty Images】

協会最高責任者の発言の波紋が拡大、W杯統括責任者は改めて審議する方針表明

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のA組最終戦で日本に21-28で敗れたスコットランド。試合前には台風19号が列島を直撃し、自然災害を前に試合開催が危ぶまれる中、スコットランド協会最高責任者のマーク・ドッドソン氏が中止の場合、大会側に対する法的措置を示唆。この発言を、W杯の統括責任者のアラン・ギルピン氏は改めて問題視し、独立紛争委員会で審議する方針を明らかにした。スコットランド記者は「勝ち点6以上剥奪となれば、ドッドソン発言は2023年のW杯自動出場権を犠牲にする可能性も」と、大会史上初のペナルティに発展する可能性を指摘している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「スコットランドがラグビーワールドカップでの法的措置の脅迫で対抗措置に直面」と特集したのはスコットランド地元テレビ「STV」だった。

 台風19号の影響でA組中止となれば、大会規定では試合はスコアレスドロー扱いとなり、両軍には勝ち点2が付与されることに。最終戦を戦わずして敗退の可能性のあったスコットランドの最高責任者、ドッドソン氏は「我々は巻き添え被害を受けるつもりはない。だからこそ、我々は法的手段に出る。我々は意見が違う」と語っていたと報じられている。

 試合が中止となった場合、組織委員会に対して法的措置という強硬手段に出る方針を明らかにしたために、海外メディアでも大きな波紋を広げていた。

 だが、台風一過の横浜で試合は無事に開催され、死闘の末にスコットランドは敗れ去った。だが、ギルピン氏はドッドソン氏の発言を看過しなかった。スコットランド側の発言について、独立紛争委員会で審議されることを明言した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集