[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「クロアチアを応援する理由だ」 日本&ブラジルPK撃破、快進撃の裏で美女サポも話題に

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は13日(日本時間14日)、準決勝のアルゼンチン―クロアチア戦が行われる。両チームはさまざまな話題を振りまき、セミファイナルに進出。激突を前に今大会注目されたトピックを振り返る。今回はクロアチア。37歳のMFルカ・モドリッチを中心に勝ち上がり、決勝トーナメントは1回戦の日本、準々決勝のブラジルと2戦連続PK戦で撃破した。また、客席では熱烈に応援している美女サポーターも世界的な話題になっている。

ルカ・モドリッチを中心に勝ち上がっているクロアチア代表【写真:ロイター】
ルカ・モドリッチを中心に勝ち上がっているクロアチア代表【写真:ロイター】

準決勝を前にクロアチアの今大会話題を呼んだトピックを回顧

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は13日(日本時間14日)、準決勝のアルゼンチン―クロアチア戦が行われる。両チームはさまざまな話題を振りまき、セミファイナルに進出。激突を前に今大会注目されたトピックを振り返る。今回はクロアチア。37歳のMFルカ・モドリッチを中心に勝ち上がり、決勝トーナメントは1回戦の日本、準々決勝のブラジルと2戦連続PK戦で撃破した。また、客席では熱烈に応援している美女サポーターも世界的な話題になっている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 クロアチアでにわかに話題になっているのが、イバンナ・ノールさん。今大会、白と赤のクロアチアカラーのセクシーなウェアで母国を応援し、海外メディアにも多く取り上げられている。試合を重ねるごとにインスタグラムのフォロワー数も急増。11日には200万人を突破したことを報告し、ファンから「クロアチアを応援する理由だ」「サッカーチームよりあなたは有名かも」「プライスレスの美しさ」などの声が寄せられた。13日現在、フォロワーは250万人を突破している。

 ノールさんをはじめ、多くのサポーターの声援を受け、前回大会準優勝の代表チームは躍進を続けている。グループリーグ初戦はモロッコとスコアレスドローに終わったが、第2戦のカナダには4-1で大勝。最終戦は世界ランク2位ベルギーを相手に0-0で引き分け、勝ち点5の組2位でしぶとくグループリーグ突破を決めた。37歳になった絶対的支柱モドリッチが年齢を感じさせない運動量と技術でチームを牽引。バロンドールを2018年に受賞している背番号10が原動力となった。

 決勝トーナメントで一躍ヒーローになったのがGKリバコビッチだ。日本人の記憶に新しい1回戦、1-1でもつれ込んだ日本とのPK戦で南野、三笘、吉田と3人のPKをセーブ。続く準々決勝のブラジル戦は0-0で迎えた延長前半アディショナルタイムに先制点を許したものの、同後半12分にFWペトコビッチが起死回生の同点弾。そして、またもつれ込んだPK戦でリバコビッチが1人目のFWロドリゴのシュートをセーブするなど、PKスコア4-2でついに優勝候補のサッカー王国を撃破した。

 今大会、全64試合を対象に1試合ごとの勝敗およびスコアを予想するくじを販売しているスポーツくじ「WINNER」はアルゼンチンの勝利が44%、クロアチアの勝利が29%、引き分けが26%となっており、日本のサッカーファンはアルゼンチン優勢を予想している。しかし、サッカーに絶対はない。4年前に涙を呑んだ決勝の舞台へ、チーム一丸で辿り着く。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集