[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イエロー18枚乱発の主審は「帰国させられた」 英紙報道「メッシの願い叶ったようだ」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はベスト4が出揃った。9日(日本時間10日)の準々決勝では、アルゼンチンがPK戦の末にオランダを撃破。この試合はイエローカードが18枚も出る大荒れの展開となり、アルゼンチンのFWリオネル・メッシが主審に苦言を呈していたが、英紙は「不評な審判がW杯から帰国させられた」と報じている。

アルゼンチン―オランダ戦、メッシにイエローカードを出す主審のアントニオ・マテオ・ラオス氏【写真:ロイター】
アルゼンチン―オランダ戦、メッシにイエローカードを出す主審のアントニオ・マテオ・ラオス氏【写真:ロイター】

アルゼンチン―オランダ戦で18枚ものイエローカードを提示

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はベスト4が出揃った。9日(日本時間10日)の準々決勝では、アルゼンチンがPK戦の末にオランダを撃破。この試合はイエローカードが18枚も出る大荒れの展開となり、アルゼンチンのFWリオネル・メッシが主審に苦言を呈していたが、英紙は「不評な審判がW杯から帰国させられた」と報じている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 2-2と延長戦でも決着がつかず、アルゼンチンがPK戦を4-3でものにしたこの試合は、大荒れの展開だった。後半、アルゼンチン選手のラフプレーを巡り、乱闘寸前となるシーンも。ABEMAが中継した試合後のインタビューで、メッシは「審判はあまりにもカードを出しすぎた。観客も見ていると思うが、FIFAがこのようなレフェリングを考えないといけない。このような重要な試合であのような態度は感心しない」とスペイン人主審のアントニオ・マテオ・ラオス氏に苦言を呈していた。

 英紙「デイリー・メール」は「リオネル・メッシの願いが叶った!」などと見出しを打った記事で「不評な審判マテウ・ラオスは、アルゼンチン―オランダ戦が彼のカタールW杯のラストゲームになり、帰国させられた」と伝えている。

「彼は信じられない(数の)イエローカードを出した」と指摘している記事では、スペインのラジオ局「COPE」が、ラオス主審が「カタールから帰国」するため、W杯の残り試合で「もう審判を務めることはない」と伝えたとしている。

 同紙はラオス主審のレフェリングについて「ラオスのパフォーマンスは両チームともに不評を買っていた。特にアルゼンチンの選手が声を大にしていた」「リオネル・メッシが試合後にラオスの批判を先導していた」と両軍、特にアルゼンチン側が異議を唱えていたことを紹介。「ラオスに準決勝、決勝で審判させないというメッシの願いはFIFAによって叶えられたようだ」とも記している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集