[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥30g超過、敵陣営がデジタル計使用を強く要望 変更は1時間前、表示は50g刻み

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラム超過したが、3分後の再計量は53.45キロでクリアした。バトラーは53.50キロで一発パス。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

計量後にポーズを取る井上尚弥(左)とポール・バトラー【写真:浜田洋平】
計量後にポーズを取る井上尚弥(左)とポール・バトラー【写真:浜田洋平】

井上尚弥がバトラーと4団体統一戦

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラム超過したが、3分後の再計量は53.45キロでクリアした。バトラーは53.50キロで一発パス。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

 井上がまさかのキャリア初の超過だった。体重計に乗ると、相手陣営が「オーバー。オーバー」と連呼して指摘。リミット53.52キロを30グラム超過していた。井上は苦笑い。全裸で計量することはなく、2時間の猶予が与えられる再計量に備えて引き揚げた。この間にバトラーがクリアし、相手陣営は拍手喝采。約3分後に戻ってきた井上は再計量でパスし、両腕で力こぶをつくった。

 この日の体重計は日本で通常使われる錘を使用した計量台ではなく、小数点第2位まで量れるデジタルの体重計だった。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛氏は、使用に至る経緯を説明。バトラー陣営の強い要望を受け、両陣営の合意の上で計量1時間前に変更が決まったという。

「両陣営がナーバスになっていました。特にバトラー陣営が前日夜から気にしている話があったので、JBCとしては(アナログ計とデジタル計の)両方を用意していました。バトラー陣営は井上選手のウェートを気にしていて、『(アナログ計は)古い』と指摘があり、懸念しているようでした」

 JBCは複数のデジタル計を事前に試し、最も正確なものを使用。表示される体重は50グラム刻みのため、53.50キロの次に重いのは53.55キロとなるという。安河内氏は「これからはデジタルに対応していかないといけない。これまでのものにも自信がありますが、時代の流れに沿っていかないといけない。疑念を持ちながら量るのはよくないですから」と話した。

 一方、井上はクリア後に取材に対応した。「部屋でもジムでもピッタリだった」というが、デジタル計での計量となったことが影響したようで「急きょ変えられた。予備計量もあれ(デジタル計)で30グラムオーバーだった。それが1時間前だったので、部屋で唾を吐いて大丈夫かなと」と説明。トイレに行き、再計量をクリアした。

 井上が勝てばアジア人初、世界でも史上9人目の4団体統一となる。試合は「dTV」「ひかりTV」にて生配信。井上が勝てばWBAは8度目(正規王座を含む)、IBFは6度目、WBCは初防衛。WBOのバトラーも初防衛戦となる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集