[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥30g超過、全裸で計量しなかった理由 大橋会長代弁「チャンピオンですから」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラム超過した末、3分後の再計量を53.45キロでクリア。バトラーは53.50キロで一発パスした。井上陣営の大橋秀行会長は、全裸で計量に臨まなかった理由を明かした。

2回目の計量をクリアし、ポーズを取る井上尚弥【写真:浜田洋平】
2回目の計量をクリアし、ポーズを取る井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥がバトラーと4団体統一戦

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラム超過した末、3分後の再計量を53.45キロでクリア。バトラーは53.50キロで一発パスした。井上陣営の大橋秀行会長は、全裸で計量に臨まなかった理由を明かした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 井上は一度会場を出る選択をした。パンツ姿で体重計に乗って数秒。いつものようにスムーズにコールされない。相手陣営に「オーバー。オーバー」と指摘された。たった30グラム。よもやのオーバーにモンスターは苦笑いした。その場でパンツを脱ぎ、全裸で計り直すこもできたが、ジャージに着替えて体重計に背を向けた。

 バトラーは一発パス。井上は再計量まで2時間の猶予が与えられたが、わずか3分後に戻ってきた。この間にトイレに行き、パンツ姿で再計量。1度目から100グラム落としてクリアした。通常使用される錘を使ったアナログの計量台ではなく、この日はバトラー陣営の強い要望で計量1時間前にデジタルの体重計に変更されていた。

 井上陣営の大橋会長は取材に対応。30グラムオーバーにも「パンツを脱げば大丈夫だった」と、体重をつくってきたことを強調した。全裸で計量する場合、関係者がボードを持って下腹部を隠すのが恒例。カメラの前で少し滑稽な姿を晒すことにもなる。しかし、井上は体重を落とすことをすぐさま選択。大橋会長は「チャンピオンですから」と代弁し、プライドを気遣った。

 減量に苦しむ選手の場合、体内に残った水分は限りなく少ない。井上は絞り切った体であっても唾や尿をすぐに出せるということは、それだけ余裕があったともいえる。再計量にクリアした後は、「部屋でもジムでもピッタリ。(デジタル計に)急きょ変えられた。予備計量もあれ(デジタル計)で30グラムオーバーだった。それが1時間前だったので、部屋で唾を吐いて大丈夫かなと思っていた」と基礎代謝で落とせることを想定していた。

 井上が勝てばアジア人初、世界でも史上9人目の4団体統一となる。試合は「dTV」「ひかりTV」にて生配信。井上が勝てばWBAは8度目(正規王座を含む)、IBFは6度目、WBCは初防衛。WBOのバトラーも初防衛戦となる。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集