[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バトラー、井上尚弥の30g超過は「間に合えば問題ない」 あす4団体統一戦「いい試合を」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラムオーバーしたが、3分後の再計量は53.45キロでクリアした。53.50キロで一発パスしたバトラーは「間に合えば問題ない」と意に介さなかった。

計量後に写真撮影に応じた井上尚弥(左)とポール・バトラー【写真:浜田洋平】
計量後に写真撮影に応じた井上尚弥(左)とポール・バトラー【写真:浜田洋平】

あす井上尚弥VSバトラーの4団体統一戦、体重計はデジタルだった

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級(53.52キロ以下)3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。12日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量に臨み、井上は53.55キロで30グラムオーバーしたが、3分後の再計量は53.45キロでクリアした。53.50キロで一発パスしたバトラーは「間に合えば問題ない」と意に介さなかった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 井上がキャリア初の超過となった。この日の体重計は、日本で通常使われる錘を使用した計量台ではなく、デジタルの体重計。急遽変更されたものだった。計量台に乗ると、相手陣営がオーバーを指摘。53.52キロのリミットを30グラム超過していた。井上は苦笑い。全裸で計量することはなく、再計量へ引き揚げた。この間にバトラーがクリア。井上は約3分後にクリアし、ポーズを取った。

 計量と写真撮影を終え、取材に応じたバトラーは「(井上の超過は)間に合えば問題ない」と気にしていない様子。「12週間トレーニングをしてきた。みなさんになるべくいい試合を見せられるように頑張りたい」と明日の大一番へ意気込んだ。

 ボクシング界にはWBA、WBC、IBF、WBOの主要4団体が存在し、井上は6月にWBO以外の3団体の王座を統一。4団体統一なら世界でも過去8人しかいない偉業だ。これまで最も低い階級はバンタム級より4つ重いライト級。井上が達成すれば軽量級初、アジア人初となる。また、4人の王者から1本ずつベルトを奪った選手はおらず、これまでの3本をKOで奪った井上が今回もKO勝ちすれば世界初の「4団体全KO奪取」となる。

 試合は「dTV」「ひかりTV」にて生配信される。井上が勝てばWBAは8度目(正規王座を含む)、IBFは6度目、WBCは初防衛。WBOのバトラーも初防衛戦となる。井上の4団体統一ならアジア人初、世界でも史上9人目の快挙。戦績は29歳の井上が23勝(20KO)、34歳のバトラーが34勝(15KO)2敗。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集