[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あれ(鎌田)があれ(キーマン)になるやろ」 ドラゴン節で呟く久保竜彦のスペイン撃破論

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ第2戦で日本はコスタリカに0-1で痛恨の黒星を喫した。元日本代表FW久保竜彦は第1戦のドイツ戦に続き「THE ANSWER」編集部を訪問。試合直後、インタビューに応じ、ドラゴン流の分析を行った。後編では、この時点で結果の出ていなかったスペイン―ドイツ戦を睨みながら、決勝トーナメント進出へ、絶対に負けられない第3戦スペイン戦への期待を語った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

コスタリカ戦に出場した鎌田大地【写真:Getty Images】
コスタリカ戦に出場した鎌田大地【写真:Getty Images】

THE ANSWER編集部で日本―コスタリカ戦を観戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ第2戦で日本はコスタリカに0-1で痛恨の黒星を喫した。元日本代表FW久保竜彦は第1戦のドイツ戦に続き「THE ANSWER」編集部を訪問。試合直後、インタビューに応じ、ドラゴン流の分析を行った。後編では、この時点で結果の出ていなかったスペイン―ドイツ戦を睨みながら、決勝トーナメント進出へ、絶対に負けられない第3戦スペイン戦への期待を語った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 日本もやり方としては全然、間違ってなかったと思うんよな。

 前がかりでいったのは5分くらいよね。最初の15~20分でバンバンと前に行って(カウンターで)1点取られたら、めっちゃ苦しくなるから。バランスを取りながらやってたと思う。それは間違ってない、力関係からいっても。

 ただ、(失点につながったミスは)ああいうことが起きるんやね。どっちにも起きた、コスタリカにだって。運が悪かった。

 五分五分と思うけど、(スペイン戦で)0-7で負けてなかったらもっと違ってるかもしれんけど、やっぱり難しいよね。相当、修正してくるだろうし。もともと(力の)差はないから。しかもW杯でね。そういう流れもそうやし、運が悪かったよね。

 三笘も期待しとったけど、あれだけ赤いの(コスタリカの)がペナ(ペナルティ)の中におるんやけん。本当に精度がないとね。でも、そういうサッカーになるとわかったわけやけんね。1点取られとるわけだし。

 次は(考えることは)簡単でしょ。次で決められるけんね、自分たち次第で。

 スペイン戦は、勝ちしかないよな。カウンターの展開になるとダメよね。スペイン―ドイツ戦でスペインが負けるしかない。スペインが勝ったらコスタリカと同じサッカーになる。(スペインが勝ち点6にしたら主力を温存し)弱くなると言うけど、弱くならん。2軍が出ても弱くならんよ、スペインは。

 なんでもできるやん、スペイン人。今日のコスタリカみたいに引いてもできるし、自分たちで前からボールを持ってでもやれる。(ペースの)温存もできる。しかも、26人もおるやろ。ドイツが勝たんとあかん、日本のメンバーを見ても俺はそう思う(※スペイン―ドイツ戦は1-1の引き分け)。

 今日も誰も(個人で打開できる選手が)おらんかった。鎌田くらいか。

 スペイン戦は鎌田がやるんじゃないの。今のところ(2試合に)全部、出とるやろ。あれ(鎌田)があれ(キーマン)になると思うけど。体力あるんやろな。今日の最後は疲れとったけど。三笘と鎌田。あと、堂安ね。

 自分が外したら引きずるよね。堂安は悔しいと思う。ボールを持っているところで、やっぱり引っかかってたから。(体のキレの問題か)なんやろね、わからん。やれると思うけどね。かわしてゴールに近いところで(決定機)ってのを期待して出てると思うから。あれを引っかからんようにせんとね。

 FWは前田が行くんじゃないの。

 大迫がいたらもっと楽になったかもしれんけど、(調子が)上がってこんかったんやろな。そんなん言ってもしゃーない。スペイン戦は前田が追っかけて、ちょっとでも楽にして、前半ね。隙がありゃ、突っ込める。ドイツ戦の1発目はオフサイドになったけど、あんな風にね。

 スペイン戦は何時? 朝4時か……。見るよ、ちゃんと。頑張ってほしいよね。

■久保 竜彦 / Tatsuhiko Kubo

 1976年6月18日生まれ。福岡・筑前町。筑陽学園高を経て、1995年に広島加入。森保監督(当時選手)とは7シーズンプレーした。2003年に横浜F・マリノスに移籍し、リーグ連覇に貢献。1998年に日本代表デビュー。ジーコジャパンとなった2003年以降は日本人離れした身体能力と強烈な左足でエースとして活躍したが、腰や膝など度重なる怪我により、2006年のW杯ドイツ大会は落選。以降、横浜FC、広島などを渡り歩き、2014年に引退。J1はリーグ戦通算276試合94得点。日本代表は国際Aマッチ通算32試合11得点。引退後は山口・光市に移り住み、コーヒー焙煎や塩作りなど、異色のセカンドキャリアを歩む。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集