[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1泊3万円なのに「地獄の暑さ」 カタールW杯開幕の裏で相次ぐ問題、食事も「ぼったくり」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)が20日に開幕した。史上初めて中東で行われるサッカーの祭典。しかし、早くもサポーターの宿舎や食事を巡り、問題が噴出し、各国で取り上げられる事態になっている。

カタールW杯開幕戦が行われたアル・ベイト・スタジアム【写真:ロイター】
カタールW杯開幕戦が行われたアル・ベイト・スタジアム【写真:ロイター】

サポーターが利用する宿舎や食事のサービスに不満の声が噴出

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)が20日に開幕した。史上初めて中東で行われるサッカーの祭典。しかし、早くもサポーターの宿舎や食事を巡り、問題が噴出し、各国で取り上げられる事態になっている。

【注目】あなたの健康状態を可視化し、健康な毎日をサポートするサービス「FitStats」 今なら登録&利用で全員もらえるキャンペーン実施中

 まずは宿舎だ。開幕前に記事を掲載した英紙「ガーディアン」は開幕2日前の時点で受け入れ態勢が整っていない施設があると指摘。21日に米国―ウェールズ戦が行われるアフメドビンアリー・スタジアムに隣接する「The Rawdat Al Jahhaniya」を取材し、サポーターが泊まる数百の海上コンテナの横にフォークリフトとブルドーザーが放置されていたとし、「驚くべきこと」として、この宿舎はダブルルームで1泊172ポンド(約2万8700円)と伝えた。

 FIFA公式サイトでも紹介された施設だが、記事では「映画館などがあるとなっているが、見当たらない」などと指摘。さらに、同紙は「ファンに疑問符を付けられているのは、The Rawdat Al Jahhaniyaだけではない」とし、英紙「タイムズ」が報じた宿泊施設「Ras Bu Fontas」についても言及した。

 タイムズ紙は1日6000人を受け入れる同施設の業者2人のコメントを紹介し、1人は「地獄だよ。キャビン内の冷房はほとんど効かず、まるで戦闘機の離陸時のような音がする。それに一日中つけていても27度だ。あのうるさい音では夜つけないよ」、別の1人はシングルベッドについて「岩のように硬く、床で寝た方がいいんじゃないか。こんなに居心地の悪いところは初めて。悪夢だ」と語ったという。

 また、英公共放送局「BBC」も「1泊175ポンド(約2万9200円)のファンビレッジ」と題した記事を掲載し、宿泊者を取材。2週間滞在する日本人は「昼間は地獄のような暑さ。砂漠です。暑すぎます」と嘆き、メキシコの応援に来たスペイン在住の夫婦は「1泊175ポンドです。正直言って、予想外でした」と言い、「世界中をバックパックしているよう。並みのホテルじゃない」と話したという。利用者にとっては驚きを隠せない環境のようだ。

 さらに、食事についても不満の声が。英紙「ザ・サン」によると、サポーターが会場外で食事を楽しむファンゾーンについて「W杯のファンゾーンの食事のレベルが酷評されている。涙が出るほど高い値段にも疑問の声が」とコスパの悪さを指摘。「4万人ほどが世界中からサッカー最高のショーを見に来ると見込まれているが、空腹の状態で来るべきではない。なぜならがっかりさせられるだろうから」と辛辣につづった。

 実際のメニューを「あまり美味しそうに見えないグリークサラダ」9ポンド(約1500円)、「極めて気落ちさせるナチョス」4.6ポンド(約766円)と皮肉を込めながら紹介。現地を訪れたファンの「ぼったくりだよ」「うちのウサギの方がいいサラダ食ってる」「断トツで過去最悪のW杯になる」などの声も紹介した。

 初めて中東で行われる今大会は、気候や治安などの理由から、開催を巡って否定的な声があったことも事実。大会期間中、現地を訪れるサポーターが少しでも満足できるような環境が整ってくれることを願いたい。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集