[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯開幕戦で珍事「全く空気読まん主審」 試合開始の笛のタイミングにネット笑撃

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は20日(日本時間21日)に開幕し、開催国のカタールとエクアドルが対戦した。世界に注目された開幕戦、その試合開始の場面で思わぬ珍事が話題に。会場のカウントダウンに構わず、主審がキックオフの笛を吹き、ネット上では「3秒前で吹いたよ」「カウントダウンより先にキックオフする主審、無慈悲」とツッコミが続々。ABEMAのW杯公式ツイッターも動画を投稿している。

開幕戦のキックオフが話題に【写真:ロイター】
開幕戦のキックオフが話題に【写真:ロイター】

カタールW杯開幕戦キックオフ、主審の“フライング”が話題に

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は20日(日本時間21日)に開幕し、開催国のカタールとエクアドルが対戦した。世界に注目された開幕戦、その試合開始の場面で思わぬ珍事が話題に。会場のカウントダウンに構わず、主審がキックオフの笛を吹き、ネット上では「3秒前で吹いたよ」「カウントダウンより先にキックオフする主審、無慈悲」とツッコミが続々。ABEMAのW杯公式ツイッターも動画を投稿している。

【注目】あなたの健康状態を可視化し、健康な毎日をサポートするサービス「FitStats」 今なら登録&利用で全員もらえるキャンペーン実施中

 話題になったのは、試合開始の場面だった。スタジアムDJのコールに合わせ、客席は「10、9、8……」とカウントダウンしていく。ボルテージが高まる中、「5」を切ったあたりで、突然、イタリア人のダニエレ・オルサート主審の笛が鳴った。選手たちもこれに合わせ、キックオフ。結局、会場内のカウントダウンはそのまま「4、3……」と続き、「0」まで行ったものの、その時にはとっくにプレーが動き始めていた。

 なんとも中途半端なキックオフになってしまい、日本のファンも肩透かしを食らった様子だ。ネット上で「カウントダウンガン無視の主審笑った」「3秒前で吹いたよ」「カウントダウンより先にキックオフする主審、無慈悲」「全く空気読まん主審やん笑」「オルサート主審、カウントダウン忘れてた?」など“フライング”にツッコミを続々と入れた。ある意味、記憶に残るカタールW杯開幕のホイッスルになるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集