[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

11年ぶりV藤田さいきを支えた亡きキャディー「ピヨさん」の言葉 「絶対に治すから」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

大王製紙エリエールレディスで優勝した藤田さいき【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディスで優勝した藤田さいき【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)を逆転し、11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝となった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 藤田は優勝スピーチで、大会主催者、コース関係者、ボランティア、ギャラリーに感謝した後、10月9日に57歳で亡くなった橋本道七三(みちひさ)さんへの思いを口にした。

「10月に今季最終戦までキャディーをしてくださる予定だった方が亡くなって、4月のフジサンケイレディスでもホールインワンを達成して、ここからだと思っていました。彼のためにも『どうしても優勝したい』と思っていたので、嬉しいです」

 会見でも言及し、第3日の17番第2打がグリーン左の池のふちで止まったことについても、「見守ってくれていると思いました」と感謝した。

 橋本さんは、金田久美子のキャディーとして知られていた。金田が小6年だった2001年のツアーデビュー時から帯同キャディーに。11年4月のフジサンケイレディスクラシックで金田がツアー初優勝を飾った際もバッグを担いでいた。その後はコンビを解消したが、金田がつけた愛称の「ピヨさん」は選手、ツアー関係者の間で広まった。橋本さんは他の選手をサポートして仕事を継続。今季は主に藤田のバッグを担いでいた。

 藤田は今年4月のフジサンケイレディスクラシック初日、17番パー3でホールインワンを達成した。10月17日、藤田はその時、橋本さんが「入ってる」と叫んだ声も入った映像をインスタグラムに公開した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集