[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、SS賞に続く珍タイトル受賞 理由となった“顔”に米賛辞「素晴らしい映像」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、またも新たな“タイトル”を受賞した。ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したばかりだが、米投球分析家が「野球界の顔賞」として独自に選定。理由となった動画を公開すると、米ファンから「最高の野球選手の素晴らしい映像」と反響が集まっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平のワンシーンとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、またも新たな“タイトル”を受賞した。ア・リーグの指名打者部門で「シルバースラッガー賞」を受賞したばかりだが、米投球分析家が「野球界の顔賞」として独自に選定。理由となった動画を公開すると、米ファンから「最高の野球選手の素晴らしい映像」と反響が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 リズムに乗った大谷だ。マウンドに立った様子の二刀流は、頭を小刻みに揺らしながら、何かを呟くように口を動かしている。「2番・投手」で先発した6月23日のジャイアンツ戦のワンシーン。そのまま視線を正面に向けると、流れのままサインに頷いていたようだ。

 動画をツイッターに公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏。文面に「ピッチングニンジャ選出、2021年『野球界の顔』賞。勝者:ショウヘイ・オオタニ」とつづっている。プレー以外を表彰した珍賞の発表に対し、米ファンから「最高の野球選手の素晴らしい映像」「本当に愛情が伝わってくるね」「これ大好き」「野球界の顔だ」「Oh 絶対そうだね」と賛辞を送っている。

 フリードマン氏はツイッター上で「年間ベスト粘着物質検査」「母親が最も誇り思う瞬間」「ボーク・オブ・ザ・イヤー」など、独自タイトルを選定。シーズンを振り返り、ファンから好評を得ている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集