[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、全日本V5目指した“貫録のSP”に再脚光 米記者回顧「特別な存在なんだ」

昨年のフィギュアスケートの全日本選手権で4位に入った宮原知子(関大)。惜しくもメダル獲得はならなかったが、かつての名演技に米名物記者のジャッキー・ウォン氏は改めて注目。「彼女はただスペシャルな存在なんだ」と振り返っている。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

2018年全日本選手権のSPに脚光 米記者ウォン氏「彼女はただスペシャルな存在」

 昨年のフィギュアスケートの全日本選手権で4位に入った宮原知子(関大)。惜しくもメダル獲得はならなかったが、かつての名演技に米名物記者のジャッキー・ウォン氏は改めて注目。「彼女はただスペシャルな存在なんだ」と振り返っている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 昨年末からフィギュア界の名物記者ウォン氏は自身のツイッターで各スケーターの名演技を振り返ってきた。年が明けても更新を続け、日本時間4日には宮原に注目している。

「このSPはサトコ・ミヤハラがアメージングであることを示す全てのことが含まれていた。音楽、流れるようなエッジ、彼女の才能を組み合わせたものは新しいパワーを生み出した。彼女はただスペシャルな存在なんだ」

 18年12月に行われた全日本選手権で宮原が披露したショートプログラム(SP)を動画とともに紹介した。期待を集めながら白い衣装で登場。ジャンプは冒頭のルッツ―トウループの連続3回転を決めて3本全て成功した。5連覇を目指し、女王として完璧な演技を披露。76.76点で貫録の首位発進した演技だった。

 フリーのスコアは146.58点。合計223.34点となり、優勝の坂本花織(シスメックス)、2位の紀平梨花(関大KFSC)に次ぐ結果となったが、米記者の胸を打つ演技だったようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集