[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネア戦が“4冠”快挙 WBAも「年間最高試合」選出「両者KOまであと一歩」

世界ボクシング協会(WBA)は、11月7日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を「年間最高試合」に選出した。バンタム級最強を決める世紀の名勝負は米スポーツ専門局「ESPN」、米専門誌「リング」、1909年創刊の英専門誌「ボクシングニュース」でも同賞に選ばれており、“4冠”となった。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

ESPN、リング誌、ボクシングニュースに続いて「ファイト・オブ・ザ・イヤー」選出

 世界ボクシング協会(WBA)は、11月7日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を「年間最高試合」に選出した。バンタム級最強を決める世紀の名勝負は米スポーツ専門局「ESPN」、米専門誌「リング」、1909年創刊の英専門誌「ボクシングニュース」でも同賞に選ばれており、“4冠”となった。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 WBAの公式ツイッターが30日に同団体が選出した年間表彰を発表。年間最高試合については「11月に行われたナオヤ・イノウエ対ノニト・ドネアは我々にファイト・オブ・ザ・イヤーを供出してくれた。イノウエはフィリピン人からバンタム級のタイトルを勝ち取っただけではなく、ハードワークで栄光を勝ち取った。どちらの実力者もKOまであと一歩の激闘だった」と選考理由も発表している。

 井上は2回にドネアの左フックを被弾。右目上をカットし、眼窩底と鼻骨も骨折するアクシデントに見舞われた。視界が二重になるトラブルもあったが、井上は激闘の末に11ラウンドにダウンを奪い判定勝ち。フルラウンド戦っての実力を改めて印象付けていた。

 欧米のメディア、そして団体からも名勝負認定を受けたWBSS頂上決戦。2019年のボクシング界だけでなく、後世にまで語り継がれていく伝説の一戦となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集