[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、かつてのライバルと2ショット実現 再起の元4階級王者「会えて嬉しかった」

プロボクシング、トリプル世界戦(23日・横浜アリーナ)のアンダーカードで1年3か月ぶりにリングに上がり、圧巻の2回TKOで復帰戦を飾ったローマン・ゴンサレス(ニカラグア)。再び世界獲りへ再始動した元4階級制覇王者はインスタグラムを更新し、バンタム級2団体王者・井上尚弥(大橋)との豪華2ショットを公開している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

元4階級王者ゴンサレスが井上との2ショット投稿

 プロボクシング、トリプル世界戦(23日・横浜アリーナ)のアンダーカードで1年3か月ぶりにリングに上がり、圧巻の2回TKOで復帰戦を飾ったローマン・ゴンサレス(ニカラグア)。再び世界獲りへ始動した元4階級王者はインスタグラムを更新し、バンタム級2団体王者・井上尚弥(大橋)との豪華2ショットを公開している。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 1年3か月ぶりの再起戦で完勝した“チョコラティート(ロマゴンの愛称)”。軽量級離れしたお馴染みの破壊力は健在だった。

 試合後にはかつてのライバルとの2ショットを撮影。キャップ姿のロマゴンの隣に立つのは、ストライプのスーツ姿の井上だった。笑顔で肩を並べ、ファイティングポーズを決めている。

 2ショットを投稿したロマゴンは「チャンピオンであり、私の友達であるナオヤ・イノウエ。たくさんの成功おめでとう。私が思うにドネアとの試合は今年最高のものだった。私はとてもナオヤを尊敬している。ナオヤだけじゃなく、君のチームとミスター・オオハシもだ。昨日は会えて嬉しかったよ。祝福あれ」と記し、井上を改めて祝福している。

 共にスーパーフライ級を主戦場にしていた当時は対戦が待望された2人。しかし、ロマゴンの敗戦により、対戦は立ち消えとなった。ロマゴンは主戦場をスーパーフライ級に設定しており、ターゲットの1人は大晦日に防衛戦を迎えるWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)か。いずれにしても、再び日本人が絡む世界のトップ戦線に顔を出してきそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集