[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本のフィギュア熱に伊メディア驚嘆 報道陣30社「サッカー選手のように愛される」

日本のフィギュア熱に伊メディア驚嘆 報道陣30社「サッカー選手のように愛される」

フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は日本人が大会の主役として輝きを放っている。15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)が143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位。昨季、世界選手権銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は今季初戦の男子SPで自己ベストの104.87点で首位に立っている。

報道陣が大挙…ロンバルディア杯で宇野フィーバー「報道陣の集団を引き連れている」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は日本人が大会の主役として輝きを放っている。15日(日本時間16日)、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の樋口新葉(日本橋女学館高)が143.37点をマークし、自己ベストの合計217.63点で2位。昨季、世界選手権銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は今季初戦の男子SPで自己ベストの104.87点で首位に立っている。

 地元のイタリアメディアは平昌五輪でメダルの期待も集まる宇野の人気と注目度の高さに注目。「日本のスケーターはサッカー選手のように愛されている」と驚嘆している。

「驚くべき並外れた日本人選手。16歳のヒグチから19歳のウノまで。ベルガモに日本報道陣が大挙している」と報じたのはイタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」だ。

 今大会は地元イタリアの2014年ソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナーも参戦していたが、注目は日本人コンビだった。記事では、特に“ショウマ・フィーバー”に注目している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー