[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「トウキョウの衝撃!」 宇野昌磨の逆転Vに伊メディアも称賛「驚きの優勝だ」

フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が184.86点、合計290.57点で逆転優勝を飾り、4連覇を達成した。SP首位だった羽生結弦(ANA)は172・05点で、合計282・77点で2位に終わったが、イタリアメディアも絶対王者の逆転負けを「トウキョウの衝撃」と伝えている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

宇野の復調を評価「過去の数大会より明確に優れたパフォーマンス」

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が184.86点、合計290.57点で逆転優勝を飾り、4連覇を達成した。SP首位だった羽生結弦(ANA)は172・05点で、合計282・77点で2位に終わったが、イタリアメディアも絶対王者の逆転負けを「トウキョウの衝撃」と伝えている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

「トウキョウの衝撃! ショウマ・ウノが優勝し、ユヅル・ハニュウは多くのミス」と報じたのは、イタリアメディア「OAスポルト」だった。

 記事ではSPで5.01点差を巻き返した宇野の逆転劇について「驚きの優勝」と分析。そして「五輪の準優勝者は過去の数大会より明確に優れたパフォーマンスを示した」と復調を高く評価した。

 一方、羽生については珍しくジャンプのミスが多かったことに言及。「明らかに疲れが見えた」と敗因を分析し、直近1か月で3大会も戦っていた名手の蓄積疲労について指摘していた。

 平昌五輪の金メダリスト、銀メダリストが直接対決を繰り広げた今大会。芸術の国、イタリアメディアも日本の戦いに興味を示していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集